酒井 大輔 Sakai Daisuke

学位・学歴・職歴

学位

博士(工学) アゾベンゼン高分子材料及びガラスへのホログラム記録とその応用 2008

学歴

2000年4月~2004年3月 国立大学 北見工業大学 工学部 情報システム工学科
2004年4月~2006年3月 国立大学法人 北見工業大学 大学院 博士前期課程 工学研究科 情報システム工学専攻
2006年4月~2008年9月 国立大学法人 北見工業大学 大学院 博士後期課程 工学研究科 システム工学専攻

職歴

2008年9月~2010年12月 (独)産業技術総合研究所 光技術研究部門 産総研特別研究員
2011年1月~2013年3月 国立大学法人 北見工業大学 工学部 情報システム工学科 非常勤研究員
2013年4月~2014年3月 国立大学法人 北海道大学 電子科学研究所 光電子ナノ材料研究分野 非常勤研究員
2014年3月~2019年9月 国立大学法人 北見工業大学 工学部 電気電子工学科 助教
2019年10月~ 国立大学法人 北見工業大学 工学部 地域未来デザイン工学科 情報デザイン・コミュニケーション工学コース 准教授
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
情報デザイン・コミュニケーション総合工学I 情報デザイン, 情報デザイン・コミュニケーション実験I 情報デザイン, 情報デザイン・コミュニケーション総合工学II 情報デザイン, 情報ネットワーク 情報デザイン, 情報通信・データサイエンスリサーチ 情報デザイン, 地域未来デザイン工学入門/短期履修, プログラミング入門II 機械知能/短期履修, プログラミング入門III 機械知能/短期履修
担当授業科目(大学院)
データサイエンス総論I 機電・社会・応用・マネ, 情報光学特論II 情報通信
専門分野
材料光学、情報光学
研究テーマ
電界処理を用いたガラスへのホログラム記録, 透明な海洋生物はなぜ透明なのか, 空中投影像への脳波によるインタラクション, xRを用いた健康促進
研究内容キーワード
コロナ放電, ホログラム, 透明媒質, 光情報処理, xR, 脳波
所属学会
応用物理学会, 日本光学会, 電気学会
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
Direct Fabrication of Surface Relief Holographic Diffusers in Azobenzene Polymer Films
Optical Review, 12, 5, 386
2005-10
偏光による着色現象を用いた新しい教材
応用物理教育, 30, 2, 25
2006-04
Hologram Replication Technique in Glass Plates Using Corona Charging
Applied Physics Letters, 90, 6, 061102
2007-02
Hologram Recording in Various Glass Plates by Corona Charging
Optical Review, 14, 5, 339
2007-10
可搬型ホログラム記録装置
応用物理教育, 32, 1, 35
2008-02
Recording Characteristics of Hologram in Glass Plate Using Corona Charging
Japanese Journal of Applied Physics, 47, 10, 7929
2008-10
Hologram Recording in Glass and Direct Reconstruction Using Visible-Wavelength Laser Beam
Optical Review, 16, 3, 335
2009-04
Improved Corona-Charging-Assisted Surface-Relief Amplification on Polymer Film for Low-Noise Holograms
Japanese Journal of Applied Physics, 48, 09LE01
2009-09
Study of Grating Structures Transferred to Glass Substrates via Corona Charging
Japanese Journal of Applied Physics, 49, 01AE01
2010-01
Replicative Fabrication of Diffractive Structure from Self-Assembled Particles onto a Glass Substrate Using Corona-Charging Treatment
Optical Review, 17, 3, 187
2010-06
偏光による干渉色を用いた新しい教材
応用物理教育, 34, 1, 35
2012-02
偏光色を用いた教材の簡単な作成方法
応用物理教育, 36, 1, 21
2012-02
人工虹スクリーンの改良
応用物理教育, 36, 2, 15
2012-04
Chemical Etching Using KOH Aqueous Solution for Corona-Charge Micropatterning of Soda-Lime Glass
Japanese Journal of Applied Physics, 114, 036701
2013-02
Visual Cryptography Using Interference Color of High-Order Retarder Films
Japanese Journal of Applied Physics, 52, 062501
2013-05
Generation of Alkali-free and High-proton Concentration Layer in a Soda Lime Glass Using Non-contact Corona Discharge
Journal of Applied Physics, 114, 063303
2013-08
Low-temperature Fabrication of Fine Structures on Glass Using Electrical Nanoimprint and Chemical Etching
Journal of Applied Physics, 114, 083514
2013-08
コロナ放電を用いたガラスホログラムの潜像記録及び顕在化
HODIC circular, 34, 4
2013-10
New Method of Increasing Diffraction Efficiency of Grating Transferred in Glass Substrate by Corona-Charging Treatment
Optical Review, 20, 6, 504
2013-12
サブ波長構造を用いたフォトンの有効利用
セラミックス, 49, 2, 129
2014-02
Accelerated formation of sodium depletion layer on soda lime glasssurface by corona discharge treatment in hydrogen atmosphere
Applied Surface Science, 300, 149
2014-05
Alkali ion migration between stacked glass plates by corona discharge treatment
Applied Surface Science, 338, 120
2015-02
Does the tunic nipple array serve to camouflage diurnal salps?
Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 95, 5, 1025
2015-03
セロハンテープを用いた2視点表示偏光アート
応用物理教育, 39, 1, 19
2015-06
High-chroma visual cryptography using interference color of high-order retarder films
Optical Review, 22, 544
2015-08
プロジェクションマッピングを利用した教材
応用物理教育, 40, 1, 49
2016-06
Selective Deposition of SiO2 on Ion Conductive Area of Soda-lime Glass Surface
Scientific Reports, 6, 27767
2016-06
偏光色の高彩度表示とその教材への応用
応用物理教育, 40, 1, 17
2016-06
Measurement of refractive indices of tunicates’ tunics: light reflection of the transparent integuments in an ascidian Rhopalaea sp. and a salp Thetys vagina
Zoological Letters, 3, 7, 1-8
2017-05
Photoresponse of a La1.85Sr0.15CuO4 nanostrip
Superconductor Science and Technology, 30, 074001
2017-05
Dense proton injection into phosphate glasses using corona discharge treatment
Applied Surface Science, 428, 718
2017-09
導電ペンと筆ペンで描いて学ぶ電気の基礎
電気学会論文誌A, 138, 1, 30
2018-01
Physical properties of the tunic in the pinkish-brown salp Pegea confoederata(Tunicata: Thaliacea)
Zoological Letters, 4, 7
2018-04
Nanoscale chiral surface relief of azopolymers with nearfield OAM light
Optics EXPRESS, 26, 17, 22197
2018-08
Surface relief hologram formed by selective SiO2 deposition on soda-lime silicate glass
PLOS ONE, 14, e0210340
2019-01
Parallel plications may enhance surface function: physical properties of transparent tunics in colonial ascidians Clavelina cyclus and C. obesa
Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 99, 1831
2019-10
ジュエリーバブルをモデルとした偏光色教材の開発
応用物理教育, 44, 1, 33
2020-06
Exumbrellar Surface of Jellyfish: A Comparative Fine Structure Study with Remarks on Surface Reflectance
Zoological Science, 38, 2, 170
2021-01
偏光板の回転を利用した偏光色教材
応用物理教育, 2, 46
2022-06
Stack of cellular lamellae forms a silvered cortex to conceal the opaque organ in a transparent gastropod in epipelagic habitat
PeerJ, 10, 14284
2022-10
科学研究費
研究課題・他 取得年月
コロナ帯電を用いた超低光損失機能素子の開発
2009年4月~2012年3月
コロナ帯電を用いた汎用ガラスへのホログラム記録技術の確立とその応用
2012年4月~2016年3月
表面構造と内部屈折率分布により実現する新しい反射防止ガラスの創製
2015年4月~2018年3月
コロナ帯電を用いたソーダライムガラスへのホログラム記録の最適化とその応用
2015年4月~2018年3月
電圧プリントと選択堆積を用いた汎用ガラスへの光機能創成
2018年4月~2021年3月
光とナノのサイエンス ~ホログラムが見えた!~
2019年4月~2020年3月
ゼラチン質プランクトンの体表構造と光学特性から探る「柔らかな体」の適応
2020年4月~2023年3月
体表ナノ構造は水中で接着力・摩擦力を低減するか?:生物模倣材料を用いた検証
2021年4月〜2024年3月
電圧プリント法を応用したソーダライムガラスへの光情報表示機能創製
2021年4月~2022年3月
電圧プリント法を応用したソーダライムガラスへの光情報表示機能創製
2021年4月~2025年3月
ゼラチン質プランクトン外皮における光学特性の網羅的解析と進化・多様化過程の解明
2023年4月~2028年3月
受賞
2017 Outstanding Poster Award (Information Photonics 2017)
社会活動
2017~2021 応用物理学会 北海道支部幹事
2020~ 日本光学会 情報フォトニクス研究グループ MIETA+WG代表
2021~2022 日本光学会 北海道支部幹事
2022~ 「光学」編集委員
2024~ オホーツク地域エネルギー環境教育研究会 委員長