奥村 貴史 Okumura Takashi

研究者情報
職名 教授
役職 保健管理センター長
所属 地域未来デザイン工学科 - 機械知能・生体工学コース
学位・学歴・職歴

学位

計算機科学博士 Virtualization of network I/O on modern operating systems 2007

学歴

2003 ~ 2009 ピッツバーグ大学 大学院 計算機科学科 博士課程
2000 ~ 2007 国立大学法人 旭川医科大学 医学部医学科
1999 ~ 2000 ピッツバーグ大学 大学院 計算機科学科 修士課程
1996 ~ 1998 慶應義塾大学 大学院 社会学研究科 前期博士課程

職歴

2007 ~ 2009 北海道社会事業協会富良野病院 臨床研修医
2009 ~ 2018 国立保健医療科学院 情報評価室長/行政政策室長/特命上席主任研究官
担当科目・専門分野等
専門分野
計算機科学, 公衆衛生情報学
研究テーマ
診断支援システム, 健康危機管理, 医療の情報化に関する政策評価
所属学会
ACM, IEEE, 日本プライマリ・ケア連合学会, 日本公衆衛生学会
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等   掲載年月
米国公衆衛生大学院におけるヨーロッパ社会医学の影響
日本衛生学雑誌, 59, 1, 5-11
2004-01
Virtualizing Network I/O on End-host Operating System: Operating System Support for Network Control and Resource Protection
IEEE Transactions on Computers, 53, 10, 1303-16
2004-08
新型インフルエンザ対策を契機とした国立保健医療科学院における反復型開発による感染症サーベイランスシステムの構築
保健医療科学, 58, 3, 260-264
2009-09
臨床研究における症例登録と診断支援システム- 臨床医と患者の支援を通じた症例登録の自動化に関する試論
保健医療科学, 59, 3, 212-217
2010-09
未分類疾患の発見プロセスに関する確率論的考察
保健医療科学, 59, 3, 2010
2010-09
公衆衛生における情報の標準化とクラウド技術 - 基盤的情報技術としての科学院クラウドの試み
保健医療科学, 61, 4, 338-343
2012-08
健康危機発生時に向けた保健医療情報基盤の構築と活用
保健医療科学, 61, 4, 344-347
2012-08
健康危機管理と自然言語処理
自然言語処理, 20, 3, 513–524
2013-06
地域医療ネットワーク政策と人材育成
保健医療科学, 67, 2, 150-157
2018-05
Disease vocabulary size as a surrogate marker for physicians’ disease knowledge volume
PLoS ONE, 13, 12
2018-12

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
災害時における支援活動報告
日本栄養士会雑誌, 55, 12, 12-13
2012-01
大規模災害と官学連携プラットフォームによる被災地支援の試み
情報処理, 53, 4, 356–359
2012-03
東日本大震災後に日本栄養士会から派遣された災害支援管理栄養士・栄養士の支援活動に関する分析
日本栄養士会雑誌, 58, 2, 33-42
2015-01
情報処理と公衆衛生
情報処理, 57, 7, 648-651
2016-06
プライマリ・ケアと人工知能
プライマリ・ケア, 3, 1, 72-75
2018-01
OS-27 人工知能の医療応用
人工知能, 33, 6, 843-848
2018-11
保健医療用人工知能の技術革新と国際競争力向上に資する人材育成
厚生労働科学研究費補助金 保健医療用人工知能の技術革新と国際競争力向上に資する人材育成に関する研究, 平成30年度 総括研究報告書
2019-03
医療用人工知能の自習教材推薦に関する検討
厚生労働科学研究費補助金 保健医療用人工知能の技術革新と国際競争力向上に資する人材育成に関する研究, 分担研究報告書
2019-03
退院サマリの自動生成研究における研究基盤の整備
厚生労働科学研究費補助金 電子カルテ情報をセマンティクス(意味・内容)の標準化により分析可能なデータに変換するための研究, 分担研究報告書
2019-03
新型インフルエンザ国内早期症例発生時の対応に向けた遠隔演習
厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等の感染症発生時のリスクマネジメントに資する感染症のリスク評価及び公衆衛生的対策の強化に関する研究, 分担研究報告書
2019-03

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
Agile Development of Disaster Information Systems for the Kumamoto Earthquake: How geeks should respond in deadly disaster situations
IEEE Global Humanitarian Technology Conference, IEEE, Seatle, USA
2016-10
Practical approach for disease similarity calculation based on disease phenotype, etiology, and locational clues in disease names
2016 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2016), IEEE, Shenzhen, China
2016-12
Differential diagnosis listing as relevance feedback - An essential user interface for clinical decision support systems
The 30th IEEE International Symposium on Computer-Based Medical Systems, IEEE, Thessaloniki, Greece
2017-06
Geometrical mapping of diseases with calculated similarity measure
2017 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine, IEEE , Kansas City, USA
2017-11
An Open-source Fax OCR for Emergency communication
2018 IEEE 8th International Conference on Electronics Information and Emergency Communication , IEEE, Beijing, China
2018-06
Anonymizing Free Ttext of Japanese Dummy Electronic Health Records
The Ninth International Workshop on Health Text Mining and Information Analysis, Association for Computational Linguistics, Brussels, Belgium
2018-10

講演発表

発表題名 発表年月
保健医療分野における人工知能の研究開発に向けた課題と人材育成
国立保健医療科学院 公開シンポジウム2018, 東京都
2018-06
平成29年度全国保健所長会一斉メールアンケート調査に係る課題等
北海道公衆衛生学会, 札幌市
2018-10
学内診療所におけるインフルエンザ診療体制の構築
北海道公衆衛生学会, 札幌市
2018-10
退院サマリの自由記載は何を書くことが望ましいのか:文献レビュー
第38回医療情報学連合大会, 福岡市
2018-11
電子カルテのLSTMによる自動匿名化と手法間およびデータセット間の比較
第1回日本メディカルAI学会学術集会, 東京都
2019-01
医療用人工知能における政策課題と人材育成
日本マイクロソフトDEEP LEARNING LAB, 東京都
2019-02
オホーツク圏における医療用人工知能研究の現状と展望
第12回オホーツク医学大会, 北見市
2019-03
公衆衛生における情報化-現状と展望
北海道保健所長会 講演, 札幌市
2019-03
疾患間類似度計算における分散表現の活用手法
言語処理学会第25回年次大会, 名古屋市
2019-03
人工知能の医療応用, オーガナイズドセッション(OS-27)
人工知能学会全国大会(第32回), 鹿児島市
2019-06
確信度に基づく退院時サマリの分析
情報処理学会, 岩手県遠野市
2019-06