野田 由美意 Noda Yubii

研究者情報
職名 准教授
所属 学科共通 - 基礎教育
生年月日 1971年12月10日
学位・学歴・職歴

学位

博士(文学) 『パウル・クレーの1916-1921年の文字絵――作品の構成、テクストの形式と内容を巡る考察――』 2008

学歴

2003-2008 成城大学大学院文学研究科美学・美術史専攻博士課程後期
1999-2002 チューリヒ大学哲学部美術史学科留学(2000-2001:スイス政府奨学金を給費される)
1994-1996 多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻芸術学修士課程
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
ドイツ語 野田D2, ドイツ語 野田D5, ドイツ語 野田D7, 美術の歴史, 芸術と社会ゼミ (H29入学者), 芸術と社会ゼミI(H28以前入学者), 芸術と社会ゼミII(H28以前入学者), デザイン学(H28以前入学マネジメント)
担当授業科目(大学院)
デザイン学I
専門分野
西洋美術史、ドイツ近現代美術史
研究テーマ
抵抗か、順応か?――ナチス時代デュッセルドルフのアートシーン, パウル・クレーの「文字絵」, パウル・クレーとアジア、オリエント
所属学会
美学会, 美術史学会, 日本独文学会, ドイツ語圏美術史研究連絡網, 北海道芸術学会, 成城美学美術史学会
著書
タイトル/出版社等
『Paul Klee als Seelenforscher 心の探求者としてのパウル・クレー』、ドイツ語から日本語翻訳:レート・ゾルク「パトス的ロマン主義からクールなロマン主義へ――アビ・ヴァールブルク、カール・アインシュタイン、パウル・クレーにおける『運動』の芸術」
慶應義塾大学21世紀COE 心の統合的研究センター発行、慶應義塾大学出版会、, 2007-03
『パウル・クレーの1916-1921年の文字絵――作品の構成、テクストの形式と内容を巡る考察――』
成城大学大学院文学研究科美学・美術史専攻博士課程後期, 2008-02
『美術検定 過去問題集2008』
美術出版社, 2008-07
『パウル・クレー 東洋への夢』展覧会カタログ(千葉市美術館、静岡県立美術館、横須賀美術館)、担当部分:「1916年の文字絵制作に至るパウル・クレーと東洋の関係」
日本パウル・クレー協会, 2009-05
『パウル・クレーの文字絵――アジア・オリエントと音楽へのまなざし――』
アルテスパブリッシング, 2009-05
『美術検定 2級 過去問題集2009』
美術出版社, 2009-07
『美術検定 3級・4級 過去問題集2009』
美術出版社, 2009-07
『The ハプスブルク』展カタログ(国立新美術館、京都国立博物館)、作品解説のドイツ語から日本語翻訳
読売新聞東京本社, 2009-09
『美術検定 3級 傾向と対策 2010』
美術出版社, 2010-08
『美術検定 1・2級 傾向と対策 2010』
美術出版社, 2010-08
『改訂版 美術検定 1・2級 傾向と対策』
美術出版社, 2011-05
『改訂版 美術検定 3級 傾向と対策』
美術出版社, 2011-05
改訂版 西洋・日本美術史基本、美術検定1・2・3級公式テキスト
株式会社美術出版社, 2014-06
マークシートで学ぶ美術の歴史[初級編]美術検定3級練習問題2014
株式会社美術出版社, 2014-06
マークシートで学ぶ美術の歴史[中級編]美術検定2級練習問題2014
株式会社美術出版社, 2014-06
もっと深める美術の歴史一問一答、美術検定2級練習問題
株式会社美術出版社, 2016-04
続西洋・日本美術の基本、美術検定1・2級公式テキスト
株式会社美術出版社, 2016-05
基本を押さえる美術の歴史一問一答、美術検定3級練習問題
株式会社美術出版社, 2016-05
論集「ラインラントの美術 1900-1960」
北見工業大学野田研究室, 2019-02
美術検定2級問題集、応用編:アートの知見を広げる
株式会社美術出版社, 2019-05
美術検定3級問題集、基本編:アートの歴史を知る
株式会社美術出版社, 2019-06
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等   掲載年月
パウル・クレー作《雅歌による文字絵「彼の口のくちづけで、彼が私にくちづけしてくれたら」》――父ハンス・クレーの『雅歌』自由訳を巡って――
美学会, 220, 56-69
2005-03
パウル・クレーと舞踊――第1次世界大戦勃発までに描かれた踊る人物線描画を中心に――
鹿島美術研究, 22, 140-154
2005-11
「パウル・クレーの1918年の文字絵《かつて夜の灰色から浮か上がった 色彩文字》――その制作状況を巡る考察――」
『美術史』(美術史学会), 164, 365-377
2008-03
パウル・クレーの1918年の文字絵《かつて夜の灰色から浮かび上がった 色彩文字》――その制作状況を巡る考察――
美術史, 164, 365-377
2008-03
「パウル・クレーの1917年の文字絵《Emilie》――テクストと図像の関係について――」
『美學』(美学会), 234, 126-139
2009-06
“Zwei Schriftbilder von Paul Klee aus dem Jahre 1921: «Schriftbild aus dem Hohen Lied ‘Er küsse mich mit seines Mundes Kuss’ (Fassungen I und II)» im Zusammenhang mit der von Klees Vater, Hans Klee, nachgedichteten ‘Biblischen Poesie in deutschmetrischer Fassung: Das Hohe Lied’”
国際版『美學』(美学会), 13, 207-219
2009-06
「パウル・クレー作《中国風の絵》と《中国風の絵II》の制作背景について」
『美術史』(美術史学会), 174, 202-217
2013-03
ナチス時代における「若きラインラント」の画家たちの芸術活動について
鹿島美術研究, 33, 77-89
2016-11
カール・シュヴェーズィヒ線描画連作《シュレーゲル地下牢――制作の背景と作品の受容史について――》
人間科学研究, 14
2018-02
オットー・パンコックの木炭画連作《受難》――制作の背景――
成城美学美術史, 24, 55-73
2018-02

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
パウル・クレーの絵画とタイトルの関係
比較文学・文化論集, 15, 50-60
1998-05
1916年の文字絵制作に至るパウル・クレーと『東洋』の関係について
成城文藝, 182, 67-92
2003-03
1919-1920年代前半における読書を通じてのパウル・クレーとアジア・オリエントの関係
美學美術史論集、千足伸行教授退任記念, 19, 219-233
2011-03
「パウル・クレーの作品における植物・文字」
『言語文化』(明治学院大学言語文化研究所、特集《植物を描く/植物で描く》), 30, 161-177
2013-03
「フランツ・マルク著『戦場からの手紙I』高橋文子訳、書評 ドイツ表現主義画家と第一次世界大戦」
『spira/cc』(Tokyo Publishing House), 6, 1-8
2014-03
「チューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまで」
『News Letter』(ドイツ語圏美術史研究連絡網), 5, 1-3
2015-02
「パウル・クレー作《中国風の絵》と《中国風の絵II》の制作背景について」(『美術史』(美術史学会)、第174冊、平成25年3月、202-217頁)の英訳、翻訳:David Noble
ZWITSCHER-MASCHINE, 2, 79-92
2016-08
研究広報シリーズ〈18〉「地域資源 オホーツクの魅力から地域振興」
オホーツクスカイ, 24
2016-10
科研費研究紹介「抵抗か、順応か?――ナチスの芸術政策と「若きラインラント」」
オホーツクスカイ, 27, 18
2018-05

講演発表

発表題名 発表年月
パウル・クレー作《雅歌による文字絵「彼の口のくちづけで、彼が私にくちづけしてくれたら」》――父ハンス・クレーの『雅歌』自由訳を巡って――
美学会(第53回美学会全国大会、於広島大学), 広島
2002-10
パウル・クレーと舞踊――第1次世界大戦勃発までに描かれた踊る人物線描画を中心に――
財団法人鹿島美術財団, 東京
2006-05
パウル・クレーの1918年の文字絵《かつて夜の灰色から浮かび上がった 色彩文字》――その制作状況を巡る考察――
美術史学会(第60回美術史学会全国大会、於九州国立博物館), 福岡
2007-05
パウル・クレーの1917年の文字絵《Emilie》――テクストと図像の関係について――
美学会(美学会例会、於成城大学), 東京
2007-06
パウル・クレーとアジア・オリエント――1919年~1920年代前半の作品と思想を中心に――
成城大学文芸学部研究会, 東京
2010-04
パウル・クレー作《中国風の絵》(1923)と《中国風の絵II》(1923)の制作背景について
美術史学会(美術史学会例会、於東京藝術大学), 東京
2012-01
パウル・クレーの作品における植物・文字
シンポジウム《植物を描く/植物で描く》―ドイツ語圏の美術でたどる植物表現の可能性―、明治学院大学文学部芸術学科・明治学院大学文学部言語文化研究所・ドイツ語圏美術史研究連絡網, 東京
2012-12
「パウル・クレーの文字絵―抽象絵画へ」
スイス文学会, 東京
2015-02
「「若きラインラント」-その活動と受容の歴史」
北海道芸術学会, 札幌
2015-12
「オットー・パンコックの木炭画連作《受難》――制作の背景――」
成城美学美術史学会, 東京
2017-03
「若きラインラント」の芸術家たちとナチス時代のデュッセルドルフにおける展覧会
国際シンポジウム「ラインラントの美術 1900-1960」、北見工業大学、慶應義塾大学アート・センター現代芸術研究会, 東京、北見
2018-09
Die Künstler des „Jungen Rheinlands“ während der NS-Zeit
Univ. Prof. Dr. Andrea von Hülsen-Esch, Institut für Kunstgeschichte, Heinrich-Heine-Universität Düsseldorf, Düsseldorf
2019-05
科学研究費
研究課題・他 取得年月
パウル・クレーとアジア・オリエント――1920年代の作品と思想を中心に――
2009-2012
抵抗か、順応か?――ナチスの芸術政策と「若きラインラント」
平成28~31年度
抵抗か、順応か?――ナチスの芸術政策と「若きラインラント」
受賞
1994 多摩美術大学美術学部芸術学科 芸術学科科長賞
2006 財団法人鹿島美術財団「優秀者」
社会活動
2007 生涯学習講座「アートセミナー 印象派入門――モネ、ルノワールからゴッホまで――」ケフィア事業振興会ケフィアグループ旅の会 
2011 生涯学習講座「西洋美術史における女性たち」 小平市中央公民館
2013-2015 生涯学習講座「成城 学びの森」生涯学習講座「ドイツ語圏の近代美術史」成城大学
2008-2011 生涯学習講座(展覧会講座)「楽しく美術鑑賞 美術館めぐり」講座 読売日本テレビ文化センター
2010-2011 生涯学習講座(展覧会講座)「美術と鑑賞 美術館めぐり」講座 NHK学園くにたちオープンスクール
2010-2011 生涯学習講座(展覧会講座) 「成城 学びの森」生涯学習講座「西洋美術展への招待――美術館へgo!」
2007 『美術史』(美術史学会誌)第163冊の査読委員
2017 『美学』(美学会)251号の査読委員
2016 「19世紀の西洋美術史:リアリズム、印象主義の美術に触れる」公開講座 北見工業大学(全2回)
2017 「抽象絵画と音楽」公開講座 北見工業大学(全2回)
2018-2019 国際シンポジウム「ラインラントの美術 1900-1960」の開催、慶應義塾大学・北見工業大学、その論集の発行