齊藤 剛彦 Saito Takehiko

研究者情報
職名 准教授
所属 地域未来デザイン工学科 - 社会インフラ工学コース
メールアドレス saitota@mail.kitami-it.ac.jp
学位・学歴・職歴

学位

博士(工学) 体験談を活用した南海地震の震源特性の検証と地震動の予測に関する考察 2012

学歴

2006年3月24日 徳島大学 工学部 建設工学科 卒業
2006年4月6日 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 博士前期課程 知的力学システム工学専攻 建設創造システム工学コース 入学
2008年3月24日 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 博士前期課程 知的力学システム工学専攻 建設創造システム工学コース 修了
2008年4月6日 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 博士後期課程 知的力学システム工学専攻 建設創造システム工学コース 入学
2011年3月31日 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 博士後期課程 知的力学システム工学専攻 建設創造システム工学コース 単位修得退学
2012年3月8日 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 博士後期課程 知的力学システム工学専攻 建設創造システム工学コース 修了

職歴

2012年4月1日~2012年9月30日 徳島大学 環境防災研究センター 技術補佐員
2012年10月1日~2020年3月31日 北見工業大学 工学部 社会環境工学科 助教
2020年4月1日~ 北見工業大学 工学部 社会環境系 准教授
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
構造力学II 環境防災, 測量学実習 環境防災, オホーツク未来デザイン総合工学I 社会インフラ, 空間地理情報実習 社会インフラ, 力とエネルギー 社会インフラ, 構造解析学 社会インフラ, 構造力学IIB及び同演習 社会(2016以前入学), 環境防災CAD演習 環境防災, インフラCAD演習 社会インフラ, 社会インフラキャリアデザイン総合演習 社会インフラ, オホーツク未来デザイン総合工学II 社会インフラ
担当授業科目(大学院)
構造解析学特論 社会
専門分野
地震工学
所属学会
土木学会, 地域安全学会
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
体験談と現地調査に基づく昭和南海地震の地震動と木造家屋被害についての考察
土木学会地震工学論文集, Vol.29, 12-10, pp.816-823
2007-08
1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震による四国地域の距離減衰と地盤増幅特性の検討
土木学会地震工学論文集, Vol.29, 3-11, pp.178-186
2007-08
体験談に基づく1946年昭和南海地震の震源特性の検証
地域安全学会論文集, No.15, pp.199-208
2011-11
昭和南海地震による高知市の河川堤防被害と被害要因の再評価
土木学会論文集A1(構造・地震工学), 69, 4, I_1034-I_1048
2013-06
東北地方太平洋沖地震の強震記録を用いた南海地震の揺れの体験談の解釈法の検討
土木学会論文集A1(構造・地震工学), 69, 4, I_861-I_871
2013-06
釧路市における既存中高層建築物の地震動被害を考慮した津波避難に関する検討
地域安全学会論文集, 24, 151-159
2014-11
スマートセンサを用いた3次元加速度計測による横断歩道橋の振動特性同定とFEMモデル構築に関する一検討
土木学会論文集 A2(応用力学), 70, 2, I_887-I_897
2015-02
実損傷を有する横断歩道橋の補修によるモード形状の変化
構造工学論文集, 61A, 4-0007
2015-02
南海トラフを震源とする地震による各地の揺れの体験談
歴史地震, 30, 81-92
2015-07
釧路市低平地における避難条件の変化が津波避難可能範囲に及ぼす影響の検討
土木学会論文集A1(構造・地震工学)(地震工学論文集第35巻), 72, 4, I_569-I_579
2016-05
Investigation of Seasonal Variations of Dynamic Characteristics of a Concrete Bridge by Employing a Wireless Acceleration Sensor Network System
Sensors and Materials, 29, 2, 165-178
2017-02
低温動的載荷実験による高減衰ゴム支承の力学的特性の検討
土木学会論文集A1(構造・地震工学), 74, 4, I_765-I_776
2018-11
Vibration-based structural state identification by a 1-dimensional convolutional neural network.
Computer-Aided Civil and Infrastructure Engineering, 34, 9, 822-839
2019-09
端横桁および床版に損傷を生じた小規模鋼橋の支点部の耐荷性能に関する解析的検討
構造工学論文集, 66, A, 48-58
2020-04
鋼構造部材の3次元点群モデル構築とFEMデータへの自動変換に関する検討
土木学会論文集F3(土木情報学), 75, 2, I_141-I_149
2020-04
高減衰ゴム支承のひずみ量と面圧の違いによる温度依存性の実験的検討
土木学会論文集A1(構造・地震工学), 76, 4, I_507-I_515
2020-09

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
様々な周期特性の地震動に対するサイト増幅特性評価式の適用性の検討
21世紀の南海地震と防災, 第4巻, pp.31-36
2009-11
南海地震の体験談や史実に基づく震源特性の考察
土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 第31回, 4-178, 6pp
2011-11
東北地方太平洋沖地震の体験談と強震記録を用いた南海地震の揺れの体験談の解釈法の検証
土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 第32回, 4-303, 8pp
2012-10
昭和南海地震による高知市の河川堤防被害
土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 第32回, 4-312, 7pp
2012-10
南海トラフを震源とする地震による各地の揺れに関する体験談
21世紀の南海地震と防災, 8, 37-44
2013-12
地震応答解析へ向けた徳島市中心部の地盤モデル化の取り組み
21世紀の南海地震と防災, 9, 75-84
2015-01
釧路市低平地における避難条件の変化が津波避難可能範囲に及ぼす影響の検討
第35回地震工学研究発表会講演論文集, 835
2015-10
低温動的載荷実験による高減衰ゴム支承の力学的特性の検討
第37回地震工学研究発表会講演論文集, 37, 11pp
2017-10
高減衰ゴム支承のひずみ量と面圧の違いによる温度依存性の実験的検討
第39回地震工学研究発表会講演論文集, 39, A22-1508
2019-10
2018年北海道胆振東部地震における道路橋の被害
土木学会論文集A1(構造・地震工学),(地震工学論文集第39巻)(報告), 76, 4
2020-02
MECHANICAL CHARACTERISTICS OF HIGH DAMPING RUBBER BEARINGS UNDER LOW TEMPERATURE ENVIRONMENT
The 17th World Conference on Earthquake Engineering, 2g-0137
2020-09
DEVELOPMENT OF HYBRID SIMULATION SYSTEM FOR THE RUBBER BEARINGS UNDER THE LOW TEMPERATURE ENVIRONMENT
The 17th World Conference on Earthquake Engineering, 2g-0138
2020-09
Damage Investigation of Road Bridges by The 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake
The 17th World Conference on Earthquake Engineering, 11a-0022
2020-09
低温環境下における高減衰ゴム支承を有する橋梁の仮動的実験
第23回橋梁等の耐震設計シンポジウム講演論文集, 223-230
2021-01

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
Structural vibration characteristics of a pedestrian bridge by the 3D acceleration sensing of smart sensors and detailed 3D-FEM model
IABSE Conference Nara 2015 Elegance in Structures Report, International Association for Bridge and Structural Engineering, Nara
2015-05
Early damage localization of steel structures based on changes of modal amplitude
7th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure, International Society for Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure, Torino
2015-07
A STUDY OF TSUNAMI EVACUATION TO TALL BUILDINGS IN THE COASTAL AREA OF COLD REGION IN HOKKAIDO, JAPAN
16th World Conference on Earthquake, The 16WCEE Organizing Committee, サンティアゴ,チリ
2017-01
DEVELOPMENT OF HYBRID SIMULATION SYSTEM WITH A GENERAL FEM SOFTWARE AND UI-SIMCOR AT COLD ENVIRONMENT
16th World Conference on Earthquake Engineering, The 16WCEE Organizing Committee, サンティアゴ,チリ
2017-01
Robustness Analysis of a Structural State Identification Method Based on a 1-D Convolutional Neural Network
9th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure, The International Society for Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure (ISHMII), St. Louis, USA
2019-08
Vibration Test and FE Analysis of Dynamic Characteristics of a PC Beam with Crack and Temperature Change
9th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure, The International Society for Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure (ISHMII), St. Louis, USA
2019-08
ANALYTICAL INVESTIGATION ON BEARING CAPACITY OF STEEL GIRDER BRIDGE AFFECTED BY CORROSION DAMAGE AT THE END CROSS BEAM
12th Pacific Structural Steel Conference, Pacific Council of Structural Steel Associations:PCSSA, Tokyo, Japan
2019-11
科学研究費
研究課題・他 取得年月
リアルタイムハイブリッド実験による極低温環境下の免震橋梁の地震応答の解明
2019-2020
リアルタイムハイブリッド実験による極低温環境下の免震橋梁の地震応答の解明
受賞
2019 土木学会第39回地震工学研究発表会 優秀講演賞