渡辺 美知子 Watanabe Michiko

研究者情報
職名 准教授
所属 地域未来デザイン工学科 - 機械知能・生体工学コース
電話番号 0157-26-9218
ファックス 0157-26-9218
メールアドレス michy@mail.kitami-it.ac.jp
学位・学歴・職歴

学位

博士(工学,北海道大学) 自律エージェント付きAGVシステムに関する研究 2003
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
機械知能・生体コース実験 機械, 生産管理工学 機械, 制御回路工学 機械, ロボット工学 機械, 機械知能・生体工学実験I 機械知能・生体, 地域未来デザイン工学入門
担当授業科目(大学院)
知能と生体・バイオ 人と知能, 知能機械特論 機械, 生体機械システム工学特論 医療工学
専門分野
知能機械,知的システム工学
研究テーマ
機械学習に基づく人工物の知識獲得と自律行動の創発に関する研究,エージェントの知識獲得と自律行動の創発に関する研究
研究内容キーワード
自律・分散システム, 協調システム, 機械学習, 進化計算, 最適化, スケジューリング
所属学会
日本機械学会,精密工学会,情報処理学会,観光情報学会
著書
タイトル/出版社等
メタヒューリスティクスとナチュラルコンピーティング
コロナ社, 2012-01
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
確率的学習オ-トマトンによる複数AGVの自律的走行
精密工学会誌, 62, 2, 260-264
1996-02
一方向走行レ-ンをもつFMS工場における複数AGVの運行スケジュ-リング(遺伝的アルゴリズムによる調和スケジュ-リング)
日本機械学会論文集C編, 62, 595, 407-412
1996-03
DEVELOPMENT OF A DESIGN SIMULATOR FOR LOGISTIC CIM SYSTEMS FOR USE OF THE EVOLUTIONARY COMPUTATION
Manufacturing Systems, 27, 3, 277-282
1998-07
Q学習によるAGV衝突回避通信プロトコルの獲得
精密工学会誌, 66, 1, 107-111
2000-01
簡易SDMを利用した強化学習によるAGVの経路獲得に関する研究
日本機械学会論文集C編, 66, 643, 913-920
2000-03
ジョブのジグ・機械割り当てを考慮したスケジュ-ラの開発
精密工学会誌, 66, 8, 1185-1189
2000-08
GA Application to Physical Distribution Scheduling Problem
IEEE TRANSACTION ON INDUSTRIAL ELECTRONICS (A PUBLICATION ON THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY) , 48, 4, 724-730
2001-04
Intelligent AGV driving toward an autonomous decentralized manufacturing system
Robotics and Computer-Integrated Manufacturing, 17, 1/2, 57-64
2001-05
DEVELOPMENT OF A DESIGN SIMULATOR FOR LOGISTIC CIM SYSTEMS FOR USE OF THE EVOLUTIONARY COMPUTATION
Manufacturing Systems, 27, 3, 277-282
2001-07
Multi-vehicles Learning for Pushing a Bar-shaped Object
IFAC Intelligent Autonomous Vehicles, IFAC Publication, 381-386
2001-08
Q学習による多数AGVの自律搬送に関する研究
精密工学会誌, 67, 10, 1609-1614
2001-10
複数ブロックエ−ジェントの自律行動獲得に関する研究
精密工学会誌, 68, 10, 1303-1308
2002-10
マルチエ−ジェントシステムにおける数理モデル
精密工学会誌, 68, 10, 200-204
2003-02
Q学習によるAGVの移動物体衝突回避
日本機械学会論文集C編, 69, 680, 1051-1057
2003-09
Collision Avoidance for Multi-AGV by Learning Collision
ASME press, 14, 143-148
2004-12
Generation of Pareto Optimum Map for Job-Shop Scheduling
ASME press, 14, 917-922
2004-12
Smart Control for Collective Agents
ASME press, 14, 183-188
2004-12
A New Method Solving a Large Scale of TSP Based on Connectionism
ASME press, 14, 247-252
2004-12
Local Clustering Organization (LCO) Solving a Large-Scale TSP
Journal of Robotics and Mechatronics, 17, 5, 560-567
2005-10
局所クラスタリング組織化法によるTSPの解法
日本機械学会論文集C編, 71, 711, 3189-3195
2005-11
SOMによる癌の予後決定遺伝子の推定
精密工学会誌, 72, 2, 266-270
2006-02
ビークル経路問題へのSOMの適用
精密工学会誌, 72, 5, 591-595
2006-05
局所クラスタリング組織化法のジョブショップスケジュール問題への適用
精密工学会誌, 72, 7, 867-872
2006-07
エージェント学習のためのニューラルネットワークの構造に関する研究
精密工学会誌, 74, 8, 865-869
2008-08
Self-Organization Stock Assignment for Large-Scale Logistic Center
Burgard et al. (Eds.), IOS Press , 164-172
2008-10
局所クラスタリング組織化法による配送路問題の解法
情報処理学会研究報告, 2009, 1-6
2009-09
大規模物流センターにおけるオーダーピッキングのナビゲーションスケジューリングに関する研究
精密工学会誌, 75, 10, 1260-1264
2009-10
Behavior Composed for Artificial Flying Creature
ournal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII), 15, 7, 838-845
2011-11
人工生物の群れ行動のモドリングとその行動獲得
計測自動制御学会会誌「計測と制御」, 52, 3, 1-6
2013-02
SWIMMING ANIMATS WITHMUSCULOSKELTAL STRUCTURE
IADIS International Journal on Computer Science and Information Systems, 7, 2, 152-164
2013-02
Concept Map and Internet- aided Manufacturing
Procedia CIRP, Vol.12, pp378-383
2013-10
An Artificial Neural Network Based on the Architecture of the Cerebellum for Behavior Learning
Soft Computing in Artificial Intelligence
2014-03
Integrating CAD, TRIZ, and Customer Needs
Int. J. of Automation Technology, 10, 2, 132-143
2016-02
人工生物の形態進化における獲得形態の評価-タスク難易度が及ぼす獲得形態への影響-
精密工学会誌, 82, 6, 595-601
2016-06
Analytical Point-Cloud Based Geometric Modeling for Additive Manufacturing and Its Application to Cultural Heritage Preservation
MDPI - Applied Sciences, 8, 5, 656:1-18
2018-05
Hitchhiking Based Symbiotic Multi-Robot Navigation in Sensor Networks
MDPI Robotics, 7, 3, No.37(p.1-28)
2018-07

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
Bezier曲面のコンベックス・ハル化と交線問題への応用
旭川工業高等専門学校研究報文, 23, 21-32
1986-03
交線問題に於る分割統治法の効率に関する研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 24, 109-120
1987-03
ベジェ曲面のフィレット面生成に関する研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 25, 97-106
1988-03
Brownパッチにおける形状制御-パラメ-タ特性に関する研究-
旭川工業高等専門学校研究報文, 27, 47-60
1989-03
Broswnパッチにおける形状制御-第2報 二次微分制御の導入-
旭川工業高等専門学校研究報文, 27, 91-102
1990-03
On Composing the Free-formed Surface and its Local Modification
Journal of the Asahikawa National College of Technology, 27, 43-50
1990-03
Local Modification of a Free-Formed Surface while Preserving Shape Data
Journal of the Asahikawa National College of Technology, 28, 45-52
1991-03
カルバック基準に基づく曲線・曲面補間の最適補間に関する研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 29, 81-100
1992-03
カルバック基準に基づく曲線・曲面補間の最適表現に関する研究-曲線と曲面の最適補間点の位置決め-
旭川工業高等専門学校研究報文, 30, 83-99
1993-03
通CIMにおける自動倉庫最適引き当て問題によるGAの解法
旭川工業高等専門学校研究報文, 31, 43-55
1994-03
SLAによる自動倉庫の学習スケジュ-リング
旭川工業高等専門学校研究報文, 31, 19-29
1994-03
なわばり理論による三角形自動分割
旭川工業高等専門学校研究報文, 32, 115-124
1995-03
一方向レ-ン上のAGV走行スケジュ-リングに関する研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 33, 23-39
1996-03
流通CIMシミュレ-タの基礎研究一進化計算による倉庫棚引き当てと製品梱包割り当て一
旭川工業高等専門学校研究報文, 33, 41-54
1996-03
一方向レ-ン上のAGV運行スケジュ-リング一GA,SLA,Q-Lによるスケジュ-リングの比較一
旭川工業高等専門学校研究報文, 34, 99-109
1997-03
生産システムにおける創発技術の応用
旭川工業高等専門学校研究報文, 35, 13-21
1998-03
群システムの挙動と設計について
旭川工業高等専門学校研究報文, 36, 37-42
1999-03
多工程ジョブショップスケジュ-リングのGAによる実用化
旭川工業高等専門学校研究報文, 36, 13-21
1999-03
ニュ−ラルネットワ−クによるリアクティブスケジュ−リングの研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 37, 47-55
2000-03
マルチエ−ジェントのQ学習による協調搬送
Research paper of Asahikawa National College of Technology te, 37, 39-46
2000-03
Q学習によるAGVの衝突回避行動の獲得
旭川工業高等専門学校研究報文, 38, 40500
2001-03
エ−ジェント指向に基づいた物流CIMセンタ−の設計支援シミュレ−タの研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 39, 27-35
2002-03
熱力学に基づく群ロボットのマクロ制御−熱力学パラメ−タと群ロボットの行動−
旭川工業高等専門学校研究報文, 40, 41-50
2003-03
学習エージェントの報酬分析
旭川工業高等専門学校研究報文, 41, 35-41
2004-03
TSPに対する自己組織化マップに基づいた免疫アルゴリズムの開発
旭川工業高等専門学校研究報文, 41, 43-51
2004-03
免疫アルゴリズムによるジョブショップスケジューリング問題の最適化
旭川工業高等専門学校研究報文, 41, 23-33
2004-03
ジョブショップスケジューリングにおける多目的評価のペタル図による視覚化
旭川工業高等専門学校研究報文, 42, 31-40
2005-03
スモールワールド理論を用いたAGVの経路設計評価に関する研究
旭川工業高等専門学校研究報文, 43, 93-102
2006-03
確率的構成モデルに基づく海洋植物群の成長パターンとその制御
北海道情報大学紀要, 27, 1, 29-40
2015-11
バイオマス海藻の流動シミュレーションモデル
北海道情報大学紀要, 27, 1, 17-28
2015-11

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
A NEW SOLUTION FOR VEHICLE ROUTING PROBLEM USING LOCAL CLUSTERING ORGANIZATION
The 20th National Conference of Australian Society for Operations, International Intelligent Logistics System, Gold Coast
2009-09
Artificial Flying Creature by Flapping
2010 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC2010), Chair:Michael Berthold , Istambul
2010-10
Swimming Animats with musculoskeltal structure
Computer Vision and Image Processing 2012, IADIS International Conferences Computer Graphics, Visualization, Portugal
2012-07
Concept Map and Internet-Aided Manufacturing
Intelligent Computation in Manufacturing Engineering MANUFACTURING ENGINEERING, CIRP ICME 12, Italy
2012-07
An Outline of Internet-Aided Machining Systems
5th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2013), Korea, 韓国
2013-05
An Artificial Neural Network Based on the Architecture of the Cerebellum for Behavior Learning
The 14th international Symposium on Advanced Intelligent Systems, Springer-Verlag Berlin Heidelberg , Korea
2013-11
On the Additive Manufacturing of Hokkaido-Ainu Motifs
Proceedings of the 17th International Conference on Precision Engineering (ICPE 2018), The Japan Society for Precision Engineering, Kamakura , Japan
2018-11
Point - cloud Based Geometric Modeling of Hokkaido - Ainu Motifs and Its Manufacturing Method
The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), IES2018, Sapporo
2018-12
Creating Digital Twin of Processed Surface using the Concept of Markov Chain for Industry 4.0
The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), IES2018, Sapporo
2018-12
科学研究費
研究課題・他 取得年月
機械学習のQ-Learningによる自律分散移動ロボットの開発
1998
GAを用いたスキルフル・スケジューリング法の開発
2001
強化学習による自律エージェント付きAGVシステムの開発
2003
免疫アルゴリズムと自己組織化マップを用いたスケジュールの知識獲得
2004
自己組織化マップを用いた癌予後遺伝子の視覚的推定方法の開発
2005
ニューロモデルに進化計算を用いた高速学習の自律分散型移動ロボットの開発
2007
ビヘイビアコンポーズドによる人工生物の複合・複雑行動の獲得
2012〜2014
ビヘイビアコンポーズドによるカンブリア紀古代魚の複合・複雑行動の獲得
2018〜2021
受賞
1997.3 精密工学会春季大会学術講演会「ベストプレゼンテーション賞」
2003.3 第1回北海道起業家育成事業「ザ・ベンチャー賞」
2004.12 計測自動制御学会システムインテグレーション部門「SI2004ベストセッション講演賞」
2007.9 精密工学会春季大会実行委員会「功労賞」
2004.10 The Forth International Conference on Advanced Mechatoronics ICAM’04 Best Paper in a Field of Information Technology Award
2004.10 The Forth International Conference on Advanced Mechatoronics ICAM’04 Outstanding Sevices Award
2004.12 The First Runner-Up Award (ANNIE'04, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks)
社会活動
1993.10 第3回インテリジェントシステム・シンポジウム−ファジイ,AI,ニューラルネットワーク応用技術−実行委員(事務局)
1994.6〜1995.3 高専LAN調査検討プロジェクト委員会委員
1998.9 精密工学会秋期大会学術講演会実行委員
2000.9 精密工学会北海道支部学術講演会実行委員
2001.4〜2003.3 精密工学会北海道支部商議員
2003.6〜2004.6 Web対応型生産工程管理システム開発の共同研究 (株式会社表鉄工所)
2004.10 ロボットフォーラム’04実行委員
2004.10 国際会議 (The 4th International Conference on Advanced Mechatronics -Toward Evolutionary Fusion of IT and Mechatronics-:ICAM’04)の実行委員(会計)
2005.5〜 旭川ICT協議会委員(Asahikawa Information & Communication Technology)
2006.4〜2008.3 精密工学会北海道支部商議員
2006.10〜 たいせつカムイ観光情報学会研究会幹事
2007.4〜2008.3 2007年度精密工学会秋季大会実行委員会計幹事
2007.4〜2008.3 日本機械学会ロボットメカトロニスク部門代議員及び85期運営委員
2008.4〜2009.3,2011.4〜2012.3 精密工学会北海道支部商議委員
2008.4〜2010.3 情報処理学会北海道支部評議員
2008.4〜2009.3 日本機械学会ロボットメカトロニスク部門代議員及び86期運営委員
2008.5〜 旭川ICT協議会アドバイザー
2009.4〜2011.3 日本機械学会生産システム部門代議員
2009.4〜2010.3 精密工学会北海道支部商議員
2009.6〜2010.6 日本機械学会ロボットメカトロニクス2010の幹事及び実行委員
2010.4〜2012.3 情報処理学会北海道支部幹事
2011.7〜2012.3 情報処理学会北海道シンポジウム2011実行委員長
2010.4〜2012.3 日本機械学会北海道支部商議委員
2011.12〜2012.9 ロボット学会学会学術講演会実行委員(RSJ2012)
2012.4〜2013.3 精密工学会北海道支部庶務幹事
2013.4〜2014.3 精密工学会北海道支部商議委員
2012.4〜2014.3 日本機械学会北海道支部学生会幹事・顧問及び実行委員
2012.11〜2013.6 観光情報学会(第10回)実行委員
2014.1.1〜2015.12.31 精密工学会代議員
2013.5〜2014.4 日本機械学会ロボットメカトロニクス部門第91期企画委員
2013.4〜2014.9 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム (FANシンポジウム in 北見)実行委員
2013.12.1〜2015.11.30 北見市男女共同参画審議会副会長
2016.2〜2017.1 精密工学会第57期北海道支部副支部長
2015.12〜2017.11 北見市男女共同参画審議会会長
2017.2〜2018.1 精密工学会第58期北海道支部支部長
2017.12〜2019.11 北見市男女共同参画審議会会長
2017.9〜2018.9 2018年度精密工学会秋季大会実行委員
2018.4〜2018.10 情報処理学会北海道シンポジウム2018実行委員
2018.4〜2018.10 精密工学会北海道支部学術講演会実行委員
2018.1〜2018.12 The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems(IES2018), Sapporo, JAPAN, Dec.20-22, 2018のプログラム委員
2018.10〜2019.3 複雑系マイクロシンポジウム実行委員長