早川 吉彦 Hayakawa Yoshihiko

研究者情報
職名 准教授
所属 地域未来デザイン工学科 - 機械知能・生体工学コース
電話番号 0157-26-9326
ファックス 0157-26-9344
関連ウェブサイト http://dip.cs.kitami-it.ac.jp/
学位・学歴・職歴

学位

博士(歯学) 口内法X線撮影におけるK殻吸収端フィルターを応用した被曝線量の軽減 1994

学歴

1981/3 立教大学理学部物理学科卒業
1983/3 立教大学大学院理学研究科原子物理学専攻博士課程前期(修士)課程修了(放射線生物物理学専攻)

職歴

1983/4 東京歯科大学歯科放射線学講座・助手
1985/4 東京歯科大学歯科衛生士専門学校・講師(2007/3まで)
1987/10 東京歯科大学歯科放射線学講座・専任講師(2007/3まで)
1994/8 米国・ルイビル大学(The University of Louisville)歯学部・Visiting Professor (1996/7まで2年間)
1996/11 千葉県立衛生短期大学歯科衛生学科・非常勤講師(2002/3まで)
2002/4 駒澤短期大学放射線科・非常勤講師(2002/9まで)
2003/4 駒澤大学医療健康科学部診療放射線技術科学科・非常勤講師(2007/3まで)
2004/4 広島大学大学院医歯薬学総合研究科・非常勤講師(2005/3まで)
2007/4 北見工業大学工学部情報システム工学科・准教授
2007/4 東京歯科大学・非常勤講師
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
機械知能・生体総合工学I 機械知能・生体, コンピュータサイエンスセミナーI 情報, コンピュータサイエンスセミナーII 情報, 画像情報処理 情報, 地域未来デザイン工学入門
担当授業科目(大学院)
知能と生体・バイオ 人と知能, 知識工学特論Ⅰ 情報
専門分野
医用画像処理,三次元画像処理・三次元モデリング,コンピュータ支援画像診断,バイオメカニクス,医用画像認識・人工知能,医療情報処理,VR・MR・AR,Computer Assisted Radiology and Surgery
研究テーマ
瞬き(まばたき)の解析システム(顔画像認識とモーション・トラッキングによる), 咀嚼(そしゃく)の解析システム(顔画像認識とモーション・トラッキングによる), 表在性血管(静脈)と皮下異物の近赤外線(Near infra-red)イメージング, ヴァーチャル・リアリティ(VR)とモーション・キャプチャーによるエンターテイメント(Wii Remote, Lead MotionやKinectも利用), 世界共通医療規格DICOM(ダイコム)に,初の日本発の規格CP-1444を追加(Approved in Sep. 2015), 北見市医療福祉情報連携システム「北まるネット」の構築と運用, SfM(Structure from Motion)による3Dモデリング, 統計的画像再構成法とGPU/CUDAプログラミングで,X線CT画像から金属アーチファクトの除去, 疎性モデリング・圧縮センシングで,X線CT画像を10分の1の被ばく線量(projection data)で得る, 医用ディジタル画像情報処理:三次元ボリュームデータの処理と解析
研究内容キーワード
統計的画像再構成法,圧縮センシング,X線CT画像再構成,医療工学,医用画像処理, VR, AR, MR, 咀嚼解析システム, 瞬き解析システム,画像認識とモーショントラッキング, 三次元ビジュアリゼーション,画像再構成,セグメンテーション,X線CT,MRI,コーンビームCT,断面再構成, バイオ・ダイナミックス,バイオメカニカル・シミュレーション, e-learning教材,裸眼立体ディスプレイ,CAD(computer-aided detection)
所属学会
International Association of Dentomaxillofacial Radiology (IADMFR), International Congress of Computer Assisted Radiology & Surgery, (日本医学放射線学会-2010退会), 日本歯科放射線学会, 日本医学物理学会, 医用画像情報学会, 日本医用画像工学会, 電子情報通信学会(情報・システム・ソサイエティ), 日本機械学会(退会)
著書
タイトル/出版社等
画像処理(シリーズ名 未来へつなぐ デジタルシリーズ 【28】巻)
共立出版, 2014-10
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
An approach for three-dimensional visualization using high-resolution MRI of the temporomandibular joint
Dentomaxillofacial Radiology(国際歯顎顔面放射線学会雑誌), 36, 6, 341-347
2007-09
3D-visualization of the temporomandibular joint with focus on the articular disc based on clinical T1-, T2-, and proton density weighted MR images
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(コンピュータ支援放射線医学外科学会雑誌), 2, 3&4, 203-210
2007-12
The reliability of computed tomography (CT) values and dimensional measurements of the oropharyngeal region using cone beam CT: comparison with multidetector CT
Dentomaxillofacial Radiology(国際歯顎顔面放射線学会雑誌), 37, 5, 245-251
2008-07
Comparison of two- and three-dimensional filtering methods to improve image quality in multiplanar reconstruction of cone-beam computed tomography
Oral Radiology(日本歯科放射線学会雑誌欧文誌), 25, 2, 154-158
2009-12
Iterative correction applied to streak artifact reduction in an X-ray computed tomography image of the dento-alveolar region
Oral Radiology(日本歯科放射線学会雑誌欧文誌), 26, 1, 61-65
2010-06
近赤外線イメージングによる皮下異物の検出実験
医用画像情報学会雑誌, 27, 3, 50-54
2010-07
ゲーム用入力デバイスを用いた3次元グラクィクスビューワ ソフトウェアの開発と医用画像表示
医用画像情報学会雑誌, 28, 2, 46-50
2011-06
Qualitative near-infrared vascular imaging system with tuned aperture computed tomography
Journal of Biomedical Optics (J. Biomed. Opt.), 16, 7, 076004(1-5)
2011-07
Successive iterative restoration applied to streak artifact reduction in X-ray CT image of dento-alveolar region
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(コンピュータ支援放射線医学外科学会雑誌), 6, 5, 635-640
2011-09
瞬き波形を検出するための画像処理によるVDT作業時における瞬き回数の計測
Medical Imaging Technology(日本医用画像工学会雑誌), 30, 2, 65-72
2012-03
口内法撮影X線画像のディスプレイ表示レイアウト:DICOM規格へのアンケート調査に基づく提案
歯科放射線(日本歯科放射線学会雑誌), 52, 1, 1-8
2012-05
Metal-induced streak artifact reduction using iterative reconstruction algorithms in X-ray CT image of the dento-alveolar region
Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology (米国歯顎顔面放射線医学会雑誌), 115, 2, e63-e73
2013-02
Statistical iterative reconstruction for streak artefact reduction when using multi-detector CT to image the dento-alveolar structures.
国際歯顎顔面放射線医学会雑誌, 43, 5, 20130373
2014-07
タブレット端末による非接触咀嚼検出アプリの開発
医用画像情報学会雑誌, 33, 3, 57-62
2016-09
Impact of statistical reconstruction and compressed sensing algorithms on projection data elimination during X-ray CT image reconstruction
Oral Radiology, 34, 3, 237–244
2018-09

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
Tuned-Aperture Computed Tomography (TACT?) による歯および周囲組織の三次元画像診断の有用性
映像情報MEDICAL, 34, 10, 1026-1031
2002-05
新たなFPDシステムの研究・開発動向,トライアルレポート:歯科用小型FPD臨床試用
INNERVISION, 18, 4, 88-91
2003-04
歯牙のディジタル画像表示システム検討
日本放射線技術学会雑誌, 59, 8, 927-931
2003-08
Clinical validity of the interactive and low-dose three-dimensional dento-alveolar imaging system, Tuned-Aperture Computed Tomography
The Bulletin of Tokyo Dent College , 44, 3, 159-167
2003-08
コードレスが可能なCCD方式のデジタル口内法X線システムUPIXの臨床使用経験
日本歯科評論, 63, 11, 145-154
2003-11
Tuned-Aperture Computed TomographyによるTomo-Synthesisの臨床応用
医用画像情報学会雑誌, 22, 1, 14-21
2005-01
コーンビームCT-三次元画像診断へのパラダイムシフト-
日本歯科評論, 65, 7, 125-132
2005-07
デジタル・レントゲンの基礎知識
静岡県歯報, 585, 40462
2006-07
Cone-beam CT (CB Throne®) applied to maxillofacial Region
The Bulletin of Tokyo Dental College(東京歯科大学欧文紀要), 47, 3, 133-141
2006-08
顎関節部のMRイメージによる三次元ビジュアリゼーション
日本歯科評論, 66, 8, 53-54
2006-08
From Japan: Newly added oral and maxillofacial radiology imaging technologies.
AADMRT Newsletter
2007-02
歯科口腔領域におけるマルチモダリティ診断
VIEWS RADIOLOGY, 9, 3, 23-31
2007-08
歯科用コーンビームCTの先進性とリテラシー
デンタルダイヤモンド, 32, 12, 29-31
2007-09
Static MR Images for Diagnosis of Swallowing
The Bulletin of Tokyo Dental College(東京歯科大学欧文紀要), 49, 3, 113-119
2008-08
デジタルX線画像診断システム(FCR)の大学保健管理センターにおける日常診療への導入の試み
CAMPUS HEALTH(全国大学保健管理研究集会報告書), 46, 1, 83-85
2009-02
Digital interoperability, DICOM and IHE
日本歯科放射線学会・歯科放射線ニュースレター, 8, 39821
2009-03
Magnetic resonance signal intensity from retrodiscal tissue related to joint effusion status and disc displacement in elderly patients with temporomandibular joint disorders
The Bulletin of Tokyo Dental College(東京歯科大学欧文紀要), 50, 2, 55-62
2009-05
大学学生二次健康診断におけるデジタルX線画像診断システム(FCR)の有用性
CAMPUS HEALTH(全国大学保健管理研究集会報告書), 47, 1, 85-87
2010-02
大学学生二次健康診断におけるデジタルX線画像診断システム (FCR)の有用性(第2報)
CAMPUS HEALTH(全国大学保健管理研究集会報告書), 48, 1, 118-120
2011-02
大学学生二次健康診断におけるデジタルX線画像診断システム(FCR)の有用性(第3報)
CAMPUS HEALTH(全国大学保健管理協会機関誌), 50, 1, unknown
2013-02
定期健康診断における留学生の結核性画像所見の検討
CAMPUS HEALTH(全国大学保健管理協会機関誌)第51回全国大学保健管理研究集会報告書, 51, 1, 300-302
2014-03
北見工業大学における禁煙化の現状
CAMPUS HEALTH(全国大学保健管理協会機関誌), 52, 1
2015-02
顔画像の自動認識を利用した瞬きや咀嚼の解析システム
石歯学報(石川県歯科医師会学術雑誌), 4, 1, 56-58
2016-12
画像データを中心とした歯科医療情報標準化―歯科におけるDICOMの整備と展開―(平成26年度採択プロジェクト研究)
日本歯科医学会誌, 36, 1, 52 - 56
2017-03
歯科におけるDICOMと歯科医療情報標準化の展開
歯科放射線(日本歯科放射線学会雑誌), 56, 2, 1 - 7
2017-03

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
Statistical reconstruction applied to streak artifact reduction in X-ray computed tomography image of dento-alveolar region
International Journal of Computer Assisted Radiology & Surgery, International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2010), Geneva, Switzerland
2010-06
ML-EM reconstruction algorithm applied to streak artifact reduction in X-ray CT image
International Workshop on Modern Science and Technology 2010 (IWMST2010), International Workshop on Modern Science and Technology 2010 (IWMST2010), Kitami, Japan
2010-09
Round Table Discussion: Dental Mapping and Query-Retrieve
The 18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology (ICDMFR2011), International Association of Dento-Maxillo-Facial Radiology, Hiroshima
2011-05
Successive and faster statistical reconstruction applied to streak artifact reduction in X-ray computed Tomography image
The 18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology (ICDMFR2011), International Association of Dento-Maxillo-Facial Radiology, Hiroshima
2011-05
Successive and faster statistical reconstruction applied to streak artifact reduction in X-ray computed tomography image of dento-alveolar region
The 25th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2011), International Association of Computer Assisted Radiology and Surgery, Berlin
2011-06
Works for mapping and viewing solution of intraoral radiography
The 25th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2011) , International Association of Computer Assisted Radiology and Surgery, Berlin
2011-06
Sequential statistical reconstruction for streak artifact reduction in X-ray CT image
97th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (RSNA2011),, Radiological Society of North America (RSNA), Chicago
2011-11
Statistical iterative reconstruction applied for streak artifact reduction in X-ray CT image
World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012), World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012), Beijing (北京)
2012-05
Blinks counter for VDT workers using face recognition and eye detection techniques
World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012), World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012), Beijing(北京)
2012-05
Metal-induced streak artifact reduction by statistical reconstruction in X-ray computed tomography image of dento-alveolar region
International Journal of Computer Assisted Radiology & Surgery, Vol.7, Suppl.1, pp.S288, 2012-06. , The 26th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2012), Pisa, Italy
2012-06
Development of three-dimensional graphic viewer software using game controller device and medical image displaying
International Journal of Computer Assisted Radiology & Surgery, Vol.7, Suppl.1, pp.S288, 2012-06. , The 26th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2012), Pisa, Italy
2012-06
Statistical iterative reconstruction applied for streak artifact reduction in X-ray CT image of dento-alveolar region
98th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America (RSNA2012), Radiological Society of North America (RSNA), Chicago, USAS
2012-11
Visualization of pathologies and lesions for craniomaxillofacial surgery - current results and ongoing activities within a Swiss-German-Japanese cooperation.
The 9th international Bernd-Spiessl-Symposium 2013 for Innovative and Visionary Technologies in Cranio-Maxillofacial Surgery Face and Identity | Ethics l Human-System Interaction. , Bernd-Spiessl-Symposium 2013 (BSS2013) , Basel – Switzerland
2013-06
Cone beam CT image processing for metal-induced streak artifact reduction by iterative reconstruction
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, The 27th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2013), Heidelberg, Germany,
2013-06
Role of the temporomandibular joint for macroscopic biomechanics of the human mandible - a finite element study
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, The 27th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2013), Heidelberg, Germany
2013-06
Chewing cycle counter and eye blink counter as the advanced application of face recognition technique
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, The 27th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2013), Heidelberg, Germany
2013-06
Medical graphic viewer interface: Our trial on game controller, eye-tracking and touch-less gesture motion capture
99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America, Radiological Society of North America, Chicago, Illinois
2013-12
Cone beam CT image processing in dental office: Accelation by GPGPU machine for metal artifact reduction, 3D-filtering and region growing methods for high-quality 3D visualization
99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America, Radiological Society of North America, Chicago, Illinois.
2013-12
Cone Beam CT Image Processing: Acceleration by GPGPU for metal artifact reduction, 3D-filtering and region-growing methods for 3D visualization
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery, Fukuoka, Japan
2014-06
Construction and Verification of Distributed Medical Database Using Resource Description Framework
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery, Barcelona, Spain
2015-06
Chewing cycle counter on tablet PC using face recognition and motion tracking methods
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, International Federation of Computer Assisted Radiology and Surgery, Heidelberg, Germany
2016-06
Effect of projection data elimination in image reconstruction of x-ray CT using algebraic reconstruction technique
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, International Federation of Computer Assisted Radiology and Surgery, Heidelberg, Germany
2016-06
Tutorial on CMI. Innovative techniques in image processing and recognition in CMI.
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery, Heidelberg,, Germany
2016-06
Effect of projection data elimination on X-ray CT image reconstruction using statistical reconstruction algorithm
Program and Abstract book of 11th ACOMFR, Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology, Chiang Mai, Thailand
2016-11
Virtual reality system development for masticatory motion analysis: 3D modeling and motion simulation.
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery Supplement, International Federation of Computer Assisted Radiology and Surgery, Berlin, Germany
2018-06

講演発表

発表題名 発表年月
高齢化社会と工学的アプローチ:情報システム工学科からのアプローチ
第11回日本赤十字看護学会学術大会, 北見
2010-06
最適化の手法によるX線CT画像におけるストリーク・アーチファ クトの軽減
第29回日本医用画像工学会大会, 伊勢原
2010-07
DICOM Working Group 22 におけるintraoral radiography mapping and viewing solutions への取り組み
日本歯科放射線学会第211 回関東地方会・第30 回北日本地方会 第18 回合同地方会, 札幌
2010-08
自分もやってみたくなる医用画像工学的な研究
JA北海道厚生連放射線技師研修会, 北見
2010-09
ML-EM reconstruction algorithm applied to streak artifact reduction in X-ray CT image
電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 札幌
2010-10
OpenCVを用いた笑顔・瞬きの認識
情報処理北海道シンポジウム2010, 札幌
2010-10
統計的画像再構成を応用したX線CT画像におけるストリーク・アーチファクトの軽減
医用画像情報学会平成22年度秋季(第158回)大会, 前橋
2010-10
統計的画像再構成法を応用した金属アーチファクトおよび雑音の軽減処理
情報処理北海道シンポジウム2010, 札幌
2010-10
瞬目(まばたき)回数の計測プログラムの開発
第4回オホーツク医学大会, 北見
2011-03
ゲーム用デバイスを用いた3Dグラフィクスビューワソフトウェアと医学的利用の展望
第4回オホーツク医学大会, 北見
2011-03
„Concept of Short Stays in Japan“: Austausch-Projekt zwischen dem Kitami Institute of Technology, Japan, und der HAW Hamburg
Hamburg students' conference, Hamburg, Germany
2011-05
OS-EM画像再構成法を用いてX線CT画像における金属アーチファクトの軽減
第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011), 函館
2011-09
Basic evaluation of artifact reducing algorithms for medical CT data
情報処理北海道シンポジウム2011, Kitami
2011-10
ゲーム用入力デバイスを用いた3次元グラフィクスビューワの開発と医用画像表示
情報処理北海道シンポジウム2011, 北見
2011-10
VDT作業時における瞬き計測-画像処理による瞬き波形検出法-
情報処理北海道シンポジウム2011, 北見
2011-10
ゲーム用コントローラWii® Remote Plusを用いた3次元グラクィクスビューワの開発と医用画像表示
第5回オホーツク医学大会(北見医師会), 北見
2012-03
統計的逐次近似再構成法を用いてX線CT画像における金属アーチファクトの軽減
第103回日本医学物理学会学術大会, 横浜
2012-04
3次元イメージング:胸部、顎顔面、他
第6回オホーツク医学大会(北見医師会), 北見
2013-02
オプティカルフローを用いた咀嚼回数のリアルタイム計測
電子情報通信学会 医用画像研究会(MI), 画像工学研究会(IE),パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)合同, 愛知県豊田市
2013-05
X線CT 画像上のメタル・アーチファクト軽減のための統計的画像再構成演算の高速化
日本歯科放射線学会第54回総会・学術大会, 福岡
2013-05
歯顎顔面部コーンビームCTの多断面再構成像における逐次近似法と3次元フィルタリングによる画質向上の検討
第32回日本医用画像工学会大会(JAMIT Annual Meeting 2013), 東京・日本科学未来館
2013-08
摂食時における咀嚼回数の計測-OpenCVを用いた咀嚼検出
平成25年電気学会電子・情報・システム部門大会, 北見市
2013-09
PC作業中における瞬き回数の計測およびその応用
平成25年電気学会電子・情報・システム部門大会, 北見市
2013-09
定期健康診断における留学生の結核性画像所見の検討
第51回全国大学保健管理研究集会, 岐阜市
2013-11
カーリングのデリバリーとスウィーピングのバイオメカニクス
第7回オホーツク医学大会, 北見市
2014-03
Resource Description Frameworkを用いた分散型医療データベースの構築とその検証
第7回オホーツク医学大会, 北見市
2014-03
Resource Description Frameworkを用いた分散型医療データベースの構築とその検証
日本歯科放射線学会(日本歯科放射線学会第55回総会・学術大会), 東京都江戸川区
2014-06
3Dセンサーを用いたカーリングのスウィープ技術の解析
電子情報通信学会・MEとバイオサイバネティックス研究会, 札幌市
2014-06
北見工業大学における禁煙化の現状
第52回全国大学保健管理研究集会, 東京都港区(慶應義塾大学三田キャンパス)
2014-09
Leap Motionを利用した3次元医用画像表示方法の提案
情報処理学会北海道支部(情報処理北海道シンポジウム2014), 函館
2014-10
コーンビーム型X線CT画像に対する画質改善処理
情報処理学会北海道支部(情報処理北海道シンポジウム2014), 函館(公立はこだて未来大学)
2014-10
黒目位置追跡による注視点推測システムの開発
メディカルイメージング連合フォーラム2015(日本医用画像工学会JAMITフロンティア2015)(電子情報通信学会医用画像研究会(MI)), 沖縄県石垣島
2015-03
黒目位置追跡による注視点推測システムの開発
北見医師会・第8回オホーツク医学大会, 北見
2015-03
自由筆記回答の自然言語処理工学的分析:構内全面禁煙に関するアンケート結果を例にして
北見医師会・第8回オホーツク医学大会, 北見
2015-03
一般の単科大学での結核対応の現状
国立大学法人保健管理施設協議会フィジカルヘルス委員会, 室蘭(室蘭工業大学)
2015-03
医用画像に対するバイラテラル・フィルタ処理の応用
精密工学会北海道支部子学術講演会, 千歳(千歳科学技術大学)
2015-08
スパース投影方向データを用いた逐次近似法によるコーンビーム型X線CT画像の再構成
情報処理学会北海道支部(情報処理北海道シンポジウム2015), 江別(北海道情報大学)
2015-10
咀嚼検出におけるダイエットツールの開発
情報処理学会北海道支部(情報処理北海道シンポジウム2015), 江別(北海道情報大学)
2015-10
口内法X線画像の画像配置に関するDICOM規格について:口内法X線画像配置規格制定の経緯について
日本歯科医学会プロジェクト研究, 東京(品川区大崎)
2016-03
タブレット端末による非接触咀嚼検出アプリの開発
北見医師会・第9回オホーツク医学大会, 北見
2016-03
X線CT画像再構成における投影データの削減に対する統計的再構成アルゴリズムの影響
日本歯科放射線学会総会第57回総会・学術大会, 大阪市
2016-06
X線CT画像再構成における投影データの削減に対する統計的再構成アルゴリズムの影響
第35回日本医用画像工学会大会(JAMIT Annual Meeting 2016), 千葉市
2016-07
タブレットPC用アプリとして開発した咀嚼の非接触解析システム
日本歯科放射線学会総会第58回総会・学術大会, 鹿児島市
2017-06
若松奨励賞・受賞者講演:タブレット端末による非接触咀嚼検出アプリの開発
医用画像情報学会平成29年度秋季(第179回)大会, 秋田市
2017-10
Contactless Mastication Detector and Eye-Blink Analyzer
韓国の慶尚大学校とISER-2018共同シンポジウム(The International Symposium on Engineering Research 2018), 北見
2018-01
ヴァーチャル・リアリティに酔うということ:4点圧力センサーに よるVR環境下での重心移動の計測
第11回オホーツク医学大会, 北見
2018-03
VRを用いた咀嚼運動解析システムの開発 ~ 3Dモデリング ~
メディカルイメージング連合フォーラム2018(日本医用画像工学会JAMITフロンティア2018)(電子情報通信学会医用画像研究会), 石垣島
2018-03
頭蓋・顎骨モデルをオブジェクトにしたハイクオリティ3Dモデリングの実験
日本歯科放射線学会総会第59回総会・学術大会, 横須賀
2018-05
スマートフォン・バイブレーションによる自動車運転支援アプリケーション開発
北見医師会・第12回オホーツク医学大会, 北見
2019-03
測距カメラ・センサ(Intel RealSense)を用いた全身の動きのトラッキング
北見医師会・第12回オホーツク医学大会, 北見
2019-03
科学研究費
研究課題・他 取得年月
低線量率放射線の生物効果に関する研究
1984
歯科X線撮影時のX線エネルギー分布の選択に関する研究
1985
小児の歯科撮影時におけるX線エネルギー分布選択による線量低減と画像改善
1986
ステレオロジーによるX線像の三次元被写体に対する表現能の解析
1988
回転パノラマX線写真におけるボケ成分除去のための画質改善処理
1989
画像の周波数特性に依存したパノラマ断層X線写真の画質改善
1991
画像テクスチャーの空間周波数特性に依存したX線写真の選択的画像強調処理
1992
ダイレクトデジタルX線像に対するテクスチャーの周波数特性に応じた選択的画像処理
1993
CTデータによる回転パノラマX線撮影法の画像と線量の同時解析シミュレーション
1993-1994
口腔内センサーのX線応答特性を考慮した最適化口内法ディジタルX線診断装置の開発
1996-1997
高次量子化ビット数を利用した口内法ディジタルX線診断システムの濃度補償機能
1997-1999
バーチャルカーソルを活用したステレオグラフィーによる歯・顎骨3次元再構成像の評価
2002-2004
裸眼で立体画像の観察を可能にする液晶ディスプレイの歯科画像診断への応用
2004
顎関節部を重視したCT及びMR画像に基づく下顎骨の個体別有限要素モデリング
2006-2008
Exploration of joint research prospects in cranio-maxillofacial and dental 3D-reconstruction, imaging and visualization(ドイツ連邦政府教育研究省国際局)
2006
a short term visit for continuation of joint research in the field of craniofacial&dental reconstruction,imaging&visualization(ドイツ連邦政府教育研究省国際局)
2006
歯科用コーンビームCT画像に基づくインプラント周囲骨のクリニカルバイオニクス
2007-2009
高齢者の健康寿命延伸のための身体能力向上効果に着目したマウスガードの試作研究
2009-2011
Muitidisciplinary and Multinational Special TMJ/TMD Session at Cars2009 in Berlin(ドイツ連邦政府教育研究省国際局)
2009
ドイツ連邦共和国との共同研究.高齢者の健康寿命延長のための身体運動機能の向上に着目した咬合の安定と顎運動の解析(日本学術振興会の二国間交流事業)
2010-2011
高齢者の健康寿命延伸のための身体能力向上効果に着目したマウスガードの試作研究
2009-2011
統計的画像再構成法による歯顎顔面部X線CT画像における金属アーチファクトの除去
2012-2014
統計的画像処理法と圧縮センシングによるコーンビーム型X線CT画像の高画質な再構成
2015-2018
NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラム(先導研究)ロボット撮影による高解像度再現可能な三次元モデルと社会実装具体化
2017
統計的画像処理法と圧縮センシングによるコーンビーム型X線CT画像の高画質な再構成
受賞
2005 Second-Place Prize presentation at the 39th Annual Meeting of the American Society of Head and Neck Radiology, San Francisco, California, USA
2007 北見医工連賞(北見医工連携研究会,平成19年5月)
2010-10 優秀ポスター賞(情報処理北海道シンポジウム2010で近藤君、10月)
2011-4 平成22年度内田論文賞(早川吉彦, 山下拓慶, 大粒来孝, 妙瀬田泰隆, 佐川盛久, 近藤篤, 辻由美子, 本田明. 近赤外線イメージングによる皮下異物の検出実験. 医用画像情報学会、http://www.mii-sci.jp/)
2011-10 研究奨励賞(情報処理北海道シンポジウム2011でSven Kannenberg君、10月)
2012-1 トップ・レビューワー表彰:Recognition as a TripleO Top Reviewer 2010-2011 (Elsevier's journal, Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology)
2013-1 (株)リコー主催のプログラミングコンテスト、RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2012で、チーム「北見工大医療画像処理研究室+」(千葉君、小野君、後藤君)がオラクル賞を受賞。年度末にミント賞も受賞。
2014-1 (株)リコー主催のプログラミングコンテスト、RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2013で,チーム「北見工大 医療画像処理研究室++」が「オラクル賞」を受賞。2年連続。年度末にミント賞も受賞。
2014-12 (株)リコー主催のプログラミングコンテスト、RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2014で,チーム「LGY-α (ルギア)」が「オラクル賞」を受賞。3年連続。年度末にミント賞も受賞。
2017-6 平成28年度金森奨励賞(廣瀬と宮中,タブレット端末による非接触咀嚼検出アプリの開発.医用画像情報学会、http://www.mii-sci.jp/)
社会活動
1991-1992 総会担当幹事(総会準備委員長),日本歯科放射線学会
1994-1998 防護委員会委員,日本医学物理学会
1994-present Review Board member, American Academy of Oral and Maxillofacial Radiology (AAOMR)
1995, 1996 Program Committee member, International Congress of Computer Assisted Radiology (CAR)
1998.3 日本歯科放射線学会第3回画像診断臨床大会サテライトシンポジウム・講師
1998-05 学術講演・講師。主催者:Dentsply International/Gendex Dental X-ray Division社(Oakland, California, USA, 1998)
1998-06 Panelist:International Symposium and Exhibition of Computer Assisted Radiology (CAR)
2000 学術委員会・研究班班員,日本放射線技術学会
2000-2003 Editorial Board member, American Academy of Oral and Maxillofacial Radiology (AAOMR)
2000,2001,2003 学術講演・講師。主催者:(株)吉田製作所(東京,2000), 内外歯材(株)(大阪,2001), サンシステム(株)(東京,2003)
2001-01 苫小牧歯科医師会,学術講演会・講師
2001-01 北海道歯科医師会,平成11年度・臨床医のための学術懇談会・講師
2003 第86回大会プログラム委員,日本医学物理学会
2003-10 学術講演・講師。主催者:(株)吉田製作所とクロスフィールド(株)(東京国際フォーラム,2003)
2005-05 The 14th International World Wide Web Conference (WWWW2005) language volunteer
2007 学術講演・講師。主催者:Dept. of Computer Sciences, University of Applied Sciences Osnabrueck (Germany),およびSchool of Dentistry, University of Muenster (Germany)
2009-06 Organizer, Muitidisciplinary and Multinational Special TMJ/TMD Session at CARS2009 in Berlin
1991-present (第1種放射線取扱主任者)
1997-present (医学物理士,日本医学放射線学会による認定,第107号)
2004, 2005, 2012 Panelist:International Symposium and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS)
2005-present Program Committee member, International Congress of Computer Assisted Radiology & Surgery (CARS)
2006-present Editorial Board member, International Journal of Computer Assisted Radiology & Surgery (IJCARS)
2007-present Review Board member, International Association of Dentomaxillofacial Radiology (IADMFR)
2008-2015 代議員,特定非営利活動法人・日本歯科放射線学会(平成20〜27年度)
2008~2013 「放射線障害防止のための教育訓練」における講師(学内)
2010-until now 特定非営利活動法人・日本歯科放射線学会:医療情報委員
2010-6 第11回日本赤十字看護学会学術大会・講師
2010-9 JA北海道厚生連放射線技師研修会・講師
2009-until now DICOM Standards Committee, Working Group 22 (Dentistry) Member
Fall 2011- Editorial Board member, American Academy of Oral and Maxillofacial Radiology (AAOMR)
2013-2 コープさっぽろ・北見地区委員会主催の講演会「原発と放射線被ばくを考える講演会」・講師