堀 彰 Hori Akira

研究者情報
職名 准教授
所属 地球環境工学科 - 環境防災工学コース
電話番号 0157-26-9500
ファックス 0157-26-9500
メールアドレス horiak@mail.kitami-it.ac.jp
学位・学歴・職歴

学位

博士(工学) 正20面体ボロン系固体の電子構造と光物性 1995

学歴

1995.3 東京大学工学系研究科材料学専攻博士課程修了

職歴

1995.11-2006.3 北海道大学 低温科学研究所 助手
2006.4-2007.3 北見工業大学 土木開発工学科 助教授
2007.4- 北見工業大学 社会環境工学科 准教授
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
氷物性概論 環境防災, オホーツク地域と環境 地球環境, オホーツク地域と環境 地域未来, 環境防災工学概論/短期履修, 物理I 地域未来GH, 物理I 地域未来IJ, 物理実験 地域未来GH, ガスハイドレート概論 エネルギー総合, 環境防災総合工学I 環境防災, 環境化学実験 環境防災, ガスハイドレート概論 環境防災, 力学 電気・情報・バイオ・マテ(2016以前入学), 熱力学基礎 電気(2016以前入学), 熱力学入門 社会(2016以前入学), 環境防災総合工学II 環境防災, 環境防災キャリアアップ総合演習 環境防災, 地球環境工学入門
担当授業科目(大学院)
氷物性特論 社会
専門分野
雪氷物性学、計算化学、物性物理学
研究テーマ
X線を利用した南極氷床コアの物理構造解析, 計算化学的手法による氷やクラスレート水和物、気体を内包する水分子クラスターの研究
所属学会
日本雪氷学会、日本物理学会、日本金属学会、日本コンピュータ化学会
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等   掲載年月
Ab initio molecular-orbital calculations for dodecahedral water clusters including rare-gas atoms
Canadian Journal of Physics, 81, 33-38
2003-01
Coexistence of structure I and II hydrates formed from a mixture of methane and ethane gases
Canadian Journal of Physics, 81, 479-484
2003-01
Theoretical study on the diffusion of gases in hexagonal ice by the molecular orbital method
Canadian Journal of Physics, 81, 251-259
2003-01
Physical Properties of the Dome Fuji Ice Core
Memoirs of National Institute of Polar Research Special Issue, 57, 63-71
2003-05
Estimation of annual layer thickness from stratigraphical analysis of Dome Fuji deep ice core
Memoirs of National Institute of Polar Research Special Issue, 57, 38-45
2003-05
Ice-lattice distortion along the deepest section of the Vostok core from X-ray diffraction measurements
Annals of Glaciology, 39, 201-504
2005-07
Phase Equilibrium Measurements and Crystallographic Analyses on Structure-H Type Gas Hydrate Formed from the CH4-CO2-Neohexane-Water System
Journal of Physical Chemistry B, 110, 10, 4583-4588
2006-03
Crystal Lattice Size and Stability of Type H Clathrate Hydrates with Various Large-Molecule Guest Substances
Journal of Physical Chemistry B, 110, 26, 12943-12947
2006-07
Basic approaches to dry snow-firn densification modeling
Mater. Glaciol. Issled., 101, 3-016
2006-07
Ice fabrics evolution processes under various deformation conditions revealed by X-ray crystallographic analyses
Annals of Glaciology, 42, 47-52
2006-07
Theoretical Study on Gases in Hexagonal Ice Investigated by the Molecular Orbital Method
Physics and Chemistry of Ice, 225, 231
2007-07
Critical size for guest molecules to occupy dodecahedral cage of clathrate hydrates
Journal of Physical Chemistry C, 112, 4719, 4724
2008-01
Metamorphism of stratified firn at Dome Fuji, Antarctica: A mechanism for local insolation modulation of gas transport conditions during bubble close-off
Journal of Geophysical Research, 114, F03023
2009-09
Raman Peak Frequencies of Fluoromethane Molecules Measured in Clathrate Hydrate Crystals: Experimental Investigations and Density Functional Theory Calculations
Journal of Physical Chemistry A , 114, 317, 323
2010-01
Snow/Firn Densification in Polar Ice Sheets
Low Temperature Science, 68, 195
2010-03
フルオロカーボン類を用いたゲスト分子のケージ占有メカニズムの検討
アンサンブル(分子シミュレーション研究会会誌), 12, 3, 3-7
2010-07
13C Chemical Shifts of Propane Molecules Encaged in Structure II Clathrate Hydrate
Journal of Physical Chemistry A , 115, 5, 643-647
2011-03
Diffraction-Enhanced X-ray Imaging under Low-Temperature Conditions – Non-destructive observations of Clathrate Gas Hydrates –
J. Synchrotron Radiat., 19, 1038
2012-10
圧縮変形した単結晶氷の転位密度測定
北海道の雪氷, 32, 112
2014-01
Post-bubble close-off fractionation of gases in polar firn and ice cores: effects of accumulation rate on permeation through overloading pressure
Atmos. Chem. Phys., 5, 1-20
2015-11
Densification of layered firn in the ice sheet at Dome Fuji, Antarctica
Journal of Glaciology, 1-25
2016-03
Physicochemical properties of bottom ice from Dome Fuji, inland East Antarctica
Journal of Geophysical Research: Earth Surface, 121, 7, 1230-1255
2016-12
A firn densification process in the high accumulation dome of southeastern Greenland,
Arctic, Antarctic, and Alpine Research, 49, 1, 13-27
2017-01
State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling
Science Advances, 3, 2, e1600446
2017-02
グリーンランド南東ドームにおける浅層アイスコア掘削と初期物理解析
低温科学, 75, 45
2017-03
空気ハイドレートのゲスト分子の伸縮振動に関する量子化学計算
雪氷, 79, 5, 435
2017-09
Very old firn air linked to strong density layering at Styx Glacier, coastal Victoria Land, East Antarctica
The Cryosphere, 13, 9, 2407
2019-09
Reconstruction of Sea Ice Concentration in Northern Baffin Bay Using Deuterium Excess in a Coastal Ice Core From the Northwestern Greenland Ice Sheet,
Journal of Geophysical Research, 125, 16, e2019JD031668
2020-08

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
知床半島における気象と海氷の関係
北海道の雪氷, 27, 49
2008-09
科学研究費
研究課題・他 取得年月
X線回折逆格子マップ測定によるドームふじ氷床コアの氷結晶の組織と構造の研究
2009-2011
X線回折法によるドームふじ氷床コアの結晶組織と転位密度の研究
2007-2008
「知床」の雪氷環境・科学・防災に関する研究
2007-2010
氷床コアの高時間分解能解析による急激な気候・環境変動の解明
2003-2007
極地氷床における物理過程の解明とそれに基づく気候・環境変動史の高分解能解析
2002-2006
氷結晶粒界における物質の拡散に関する理論的研究
2003-2004
南極深層氷の結晶構造に関する研究
2002
南極深層氷の結晶構造に関する研究
2000-2001
分子軌道法による氷結晶における気体の拡散に関する研究
2000-2001
氷の物性と氷床変動研究
1998-2000
氷床コアの微小部気体分析法の開発
1997-1998
ボスト-ク氷床コアの内部構造と気候変動
1996-1997
受賞
1994 日本金属学会 第21回ジェフリース賞
社会活動
1999-2000 日本雪氷学会編集委員
2006.8-2008.3 国立極地研究所 氷床コア研究委員会 委員
2008.4-2010.3 国立極地研究所 氷床コア研究委員会 委員
2010.4-2012.3 国立極地研究所 氷床コア研究委員会 委員
2010.1-2010.9 PCI 2010(International Conference on the Physics and Chemistry of Ice 2010) 実行委員
2012.10-2014.9 北大低温研共同利用・共同研究拠点課題等審査委員会 委員
2014.4-2016.3 国立極地研究所 アイスコア研究委員会 委員
2016.4-2018.3 国立極地研究所 アイスコア研究委員会 委員