服部 和幸 Hattori Kazuyuki

研究者情報
職名 准教授
所属 地球環境工学科 - 先端材料物質工学コース
電話番号 0157-26-9397
ファックス 0157-24-7719
学位・学歴・職歴

学位

博士 (理学) 抗HIV活性および抗凝血性を有する新規硫酸化アミノ多糖の合成 1998

学歴

1993-1998 北海道大学大学院理学研究科 生物科学専攻 生体高分子設計学講座 博士課程修了

職歴

1998年4月 日本学術振興会特別研究員 (PD)
1998年5月−2000年3月 ノースカロライナ州立大学繊維学部 博士研究員
2000年4月−2001年3月 ノースカロライナ州立大学森林資源学部 博士研究員
2001年4月−2006年3月 北見工業大学工学部化学システム工学科 助手
2007年4月−2010年3月 国立大学法人 北見工業大学工学部バイオ環境化学科 助教
2010年4月−2016年3月 国立大学法人 北見工業大学工学部バイオ環境化学科 准教授
2017年4月−現在 国立大学法人 北見工業大学工学部地球環境工学科 准教授
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
有機化学I 先端材料物質/短期履修, 先端材料物質工学実験I 先端材料物質, バイオ環境化学実験III バイオ, 生体高分子化学 バイオ/短期履修, ゼミナール バイオ, 英語文献講読 バイオ, 環境生物学 バイオ, 地球環境工学入門, 先端材料物質工学概論/短期履修, 放射化学 バイオ再履修用(H28入学以前)
担当授業科目(大学院)
有機構造解析特論 バイオ, 知能と生体・バイオ 生体とバイオ技術
専門分野
高分子化学, 高分子物理化学, 糖質化学, 有機化学, NMRによる分子構造・運動解析
研究テーマ
セルロースの溶解と溶液特性, 糖質高分子の合成と応用, 糖質の合成と構造解析
研究内容キーワード
糖質, 糖質高分子, セルロース, セルロース溶媒, 高分子合成, 有機構造解析, 糖質の核磁気共鳴
所属学会
アメリカ化学会, 高分子学会, 日本化学会, セルロース学会, 繊維学会
著書
タイトル/出版社等
Encyclopedia of Polymer Science & Technology, 3rd Ed, vol. 5
John Wiley & Sons, 2003-03
Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology
John Wiley & Sons, 2003-11
Recycling of Expanded Polystyrene Using Natural Solvents
InTech, 2015-07
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
New Solvents for Cellulose: Hydrazine/Thiocyanate Salt System
Journal of Polymer Science: Part A: Polymer Chemistry, 40, 4, 601-611
2002-02
セルロース溶解性溶媒及びセルロース溶液の調製方法
公開特許公報2003-261712, 261712
2003-03
New Solvents for Cellulose. II. Ethylenediamine/Thiocyanate Salt System
Polymer Journal, 36, 2, 123-130
2004-04
Cellulose Solvent Compositions and Methods of Making and Employing Same
US Patent 6,827,773
2004-12
Electrochemical Cyclization of Dimethyl Aminomalonates
Synlett, 1753-1755, 11, 1753-1755
2006-07
Electrooxidative Cyclization of Hydroquinolyl Alchols
Heterocycles, 68, 12, 2563-2570
2006-12
Synthesis of New Spherical and Hemispherical Oligosaccharides with Polylysine Core Scaffold
Carbohydrate Polymers, 68, 12, 26-34
2007-03
Electrooxidative Cyclization of Hydroquinolyl Alcohols, Hydroquinolylamines, and Dimethyl Aminomalonates
Australian Journal of Chemistry, 60, 4, 236-242
2007-04
発泡ポリスチレン減容天然溶剤およびそれを用いた発泡ポリスチレン減容処理方法
特許出願2007-294929
2007-11
Anodic Oxidation of Ketone Allylhydrazones into the Corresponding Azines
Synthetic Communications, 38, 19, 3320-3328
2008-01
Electrooxidative Cyclization of Benzylideneaminothiophenols to the Corresponding 2-Arylbenzothiazoles
Heterocycles, 75, 1, 35-42
2008-01
Inhibitory Effects of L-Pipecolic Acid from the Edible Mushroom, Sarcodon Aspratus , on Angiotensin I-Converting Enzyme
Journal of Wood Science, 54, 2, 179-181
2008-04
Solubilization of Polystyrene into Monoterpenes
Advances in Polymer Technology, 27, 1, 35-39
2008-11
アミン/無機塩系を用いたセルロースの溶解とその利用
WEB Journal, 14, 7, 35-38
2009-01
Laccase-Catalyzed Polymerization of Lignocatechol and Affinity on Proteins of Resulting Polymers
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 3, 824-832
2009-02
Ring-Opening Polymerization of Benzylated 1,6-Anhydro-β-D-lactose and Specific Biological Activities of Sulfated (1→6)-α-D-Lactopyranans
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 47, 3, 913-924
2009-02
Recognition of Monosaccharides with Energy-transfer Luminescence Using Residual Coordination Sites of Lanthanide (III) - 4-Aminobenzyl-EDTA Complex in Aqueous Solution
Chemistry Letters, 38, 5, 412-413
2009-05
Novel Application of an Electrooxidative Method for the Formation of a Tetrahydrofuran Ring from 5-Hydroxy-2-pentanone Phenylhydrazone
Heterocycles, 78, 6, 1427-1432
2009-06
発泡ポリスチレン減容天然溶剤およびそれを用いた発泡ポリスチレン減容処理方法
公開特許公報2009-120682
2009-06
木タール配合粉炭の圧縮成形による固体燃料の製造
木質炭化学会誌, 6, 1, 9-16
2009-06
Ring-Opening Polymerization of a Benzylated 1,6-Anhydro-β-D-talopyranose and Synthesis of a New Polysaccharide, (1→6)-α-D-Talopyranan
Macromolecules, 42, 16, 6044-6049
2009-07
Synthesis of Oligosaccharide-Branched Ribofuranan by Ring-Opening Polymerization of a New Anhydroribo Trisaccharide Monomer
Macromolecular Bioscience, 9, 7, 687-693
2009-07
Dissolution of Polystyrene into p-Cymene and Related Substances in tree leaf oils
Journal of Wood Science, 56, 2, 169-171
2010-04
Acyclic Monoterpenes in Tree Essential Oils as a Shrinking Agent for Waste Expanded Polystyrene
Journal of Environmental Science and Health, Part A Toxic/Hazardous Substances and Environmental Engineering, 46, 8, 813-816
2011-05
木質バイオマスの鉄触媒炭化による流体燃料と機能性炭素の併産
日本エネルギー学会誌, 90, 6, 541-546
2011-06
Dissolution of Polystyrene into Cyclic Monoterpenes Present in Tree Essential Oils
Journal of Material Cycles and Waste Management, 13, 2, 127-130
2011-08
木材の触媒炭化中に生成する液体燃料の接触改質
バイオマス科学会議論文集, 8, 6-7
2012-02
Synthesis of a New 2-Amino-glycan, Poly-(1→6)-α-D-mannosamine, by Ring-Opening Polymerization of 1,6-Anhydro-Mannosamine Derivatives
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 50, 21, 4524-4531
2012-08
カラマツの900℃ニッケル触媒炭化で得られた結晶性メソ孔木質炭素の染料とデキストランの液相吸着
木質炭化学会誌, 9, 1, 21-29
2012-10
無定形セルロースの調製方法
特許出願2013-233320, 233320
2013-11
無定形セルロースの製造方法
公開特許公報2015-93906
2015-05
Preparation and Hydrolysis of Water-Stable Amorphous Cellulose
ACS Sustainable Chemistry and Engineering, 4, 3, 1180-1186
2016-04

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
アミン/無機塩系を用いたセルロースの溶解とその利用
ウェブ ジャーナル, 98, 35-38
2009-01

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
Selective Ring-Opening Polymerization of 1,6-Amhydro-3-azido-allopyranose and 1,6-Anhydro-2-amino-glucopyranose Derivatives
Proceedings of the International Symposium on Fiber Science and Technology 1994 Japan (ISF '94), The Society of Fiber Science and Technology, Japan, Yokohama, Japan
1994-10
Synthesis of New Stereoregular Amino-Poysaccharides by Ring-Opening Polymerization of 1,6-Anhydro-sugar Derivatives
Proceedings of 1995 Inernational Chemical Congress, The Chemical Society of Japan, The American Chemical Society, Chemical Institute of Canada, The Royal Australian Chemical Institute, New Zealand Institute of Chemistry, Korean Chemical Society, Honolulu, Hawaii
1995-12
Synthesis of Sulfated Amino-Poysaccharides Having Anti-HIV Activity
Preprints of 5th Pacific Polymer Conference (PPC '97), The Polymer Society of Korea, Kyongju, Korea
1997-10
Synthesis of Sulated Amino-Polysaccharides with Anti-HIV and Anticoagulant Activities
Preprints of Sapporo Symposium on Advanced Bioactive Polymers (SSABP), Hokkaido University, Sapporo, Japan
1998-04
Synthesis of a Fiber-Reactive Chitosan Derivative with Enhanced Antimicrobial Activity
Proceedings of 5th European Chitin and Chitosan Symposium, European Chitin and Chitosan Society, Mursburg, Germany
1999-08
A Study on the Mechanism of Dissolution of Cellulose in the Ammonia/Ammonium Thiocyanate System by Using NMR Spectroscopy
Proceedings of the 51th Southeastern Regional Meeting of the American Chemical Society, Division of the Northeast, The American Chemical Society, Raleigh, NC, the United States
1999-09
Synthesis and Anti-HIV Activity of Novel Sulfated Amino-Polysaccharides
Preprints of 6th Pacific Polymer Conference (PPC '99), The Polymer Division, Chinese Chemical Society, Guangzhou, China
1999-12
Liquid Crystal and Gel Formation of Cellulose in the Hydrazine/Thiocyanate Salt System
Proceedings of the 53th Southeastern Regional Meeting of the American Chemical Society, Division of the Southeast, The American Chemical Society, Raleigh, NC, USA
2000-03
Dissolution of Cellulose in the Amine/Thiocyanate Salt System
Books of Abstracts 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005) , The Chemical Society of Japan, The American Chemical Society, The Canadian Society for Chemistry, The New Zealand Institute of Chemistry, The Royal Australian Chemical Institute, and The Korean Chemical Society, Honolulu, USA
2005-12
Solubilization and Mesophase Formation of Cellulose in Amine/Thiocyanate System
Preprints of The 10th Pacific Polymer Conference (PPC10), The Pacific Polymer Federation, Kobe, Japan
2007-12
Ring-Opening Polymerization of a Benzylated 1,6-Anhydro-β-D-talopyranose and Synthesis of a New Polysaccharide, (1→6)-α-D-Talopyranan
Proceedings of the 238th ACS National Meeting , American Chemical Society, Washington DC, USA
2009-08
Ring-Opening Polymerization of a Benzylated 1,6-Anhydro-β-D-talopyranose and Synthesis of a New Polysaccharide, (1→6)-α-D-Talopyranan
Preprints of the 1th Federation of Asian Polymer Societies Polymer Congress, The Federation of Asian Polymer Societies (FAPS), Nagoya, Japan
2009-10
Synthesis of New Polysaccharides and Carbohydrate-based Star Polymers
2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), The Chemical Society of Japan, The American Chemical Society, The Canadian Society for Chemistry, The New Zealand Institute of Chemistry, The Royal Australian Chemical Institute, and The Korean Chemical Society, Honolulu, Hawaii
2010-12
Preparation and Hydrolysis of Water-Soluble Amorphous Cellulose
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), The Chemical Society of Japan, The American Chemical Society, The Canadian Society for Chemistry, The New Zealand Institute of Chemistry, The Royal Australian Chemical Institute, and The Korean Chemical Society, Honolulu, Hawaii
2015-12
Preparation and Hydrolysis of Water-Stable Amorphous Cellulose
Proceedings of the 11th International Polymer Conference (IPC2016), The Society of Polymer Science, Japan, Fukuoka, Japan
2016-12
Determination of Molecular Weight of Cellulose by Diffusion-Ordered NMR Spectroscopy
Proceedings of the 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), The Society of Polymer Science, Japan, Hiroshima, Japan
2018-12
Determination of Molecular Weight of Cellulose by DOSY spectrum
Proceedings of the 257th ACS National Meeting, American Chemical Society, Orland, Florida
2019-03

講演発表

発表題名 発表年月
低級アミン/チオシアン酸塩系におけるセルロースの溶解挙動
高分子学会, 神戸市
2004-05
アミン/チオシアン酸塩におけるセルロースの溶解挙動
高分子学会, 横浜市
2005-05
アミン/無機塩におけるセルロースの溶解と溶液特性
繊維学会, 岐阜県岐阜市
2005-06
アミン/無機塩におけるセルロースの溶解と溶液紡糸の可能性
繊維学会, 岐阜県岐阜市
2005-06
1,3-無水グルコース誘導体の合成と立体化学 〜1,3-グルカンの立体選択的重合を目指して〜
日本化学会北海道支部, 札幌市
2006-02
ランタノイド-芳香族ポリアミノカルボン酸錯体の残余配位座を用いる糖認識能の基礎的検討
日本化学会北海道支部, 札幌市
2007-02
超分子構造を利用する高配向性セルロース繊維・フィルムの創製
科学技術振興機構 (JST), 東京
2007-09
樹木精油中に含まれるモノテルペン類へのポリスチレン溶解性
第51回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 滋賀県長浜市
2007-11
NMRの高度利用による有機化合物の構造と特性の解析
私立大学高度化推進事業「漆」プロジェクト, 川崎市
2008-06
樹木精油のポリスチレン溶解性
日本化学会北海道支部, 北海道北見市
2008-07
1,6-無水タロース誘導体の合成と開環重合性
日本化学会北海道支部, 北海道北見市
2008-07
ベンジル化1,6-無水タロースの開環重合性
高分子学会, 大阪市
2008-09
セルロースの性質と配向制御に関する研究
オホーツク森林産業振興協会, 北海道北見市
2009-05
無水糖の開環重合によるキチン・キトサン類縁体の合成
オホーツク森林産業振興協会, 北海道北見市
2010-04
シクロデキストリンをコアとする星型ポリマーの合成法
明治大学・北見工業大学 第2回大学院研究交流プログラム, 北海道北見市
2010-09
無水糖の開環重合によるキチン・キトサン類縁体の合成
高分子学会, 札幌市
2010-09
無水糖の開環重合によるキチン・キトサン類縁体の合成
オホーツク森林産業振興協会, 北海道北見市
2011-05
(1→4)-β型多糖の構築に向けた二糖性シントンの設計と合成
北見工業大学・明治大学第 3回大学院研究交流プログラム, 北海道北見市
2011-09
木質中のセルロースの化学変換に関する研究
オホーツク森林産業振興協会, 北海道北見市
2012-05
セルロースの溶解性・溶解技術と溶媒調製法
情報機構, 東京都江東区
2012-09
セルロース/アミン/無機塩溶液から再生される固体セルロースの特異な性質
大雪シンポジウム2012, 北海道旭川市
2012-12
セルロース/アミン/無機塩溶液から再生される固体セルロースの特異な性質
高分子学会, 京都市
2013-05
セルロース/アミン/無機塩溶液から得られる固体セルロースの特異な性質
日本化学会北海道支部, 北海道北見市
2013-07
拡散NMRを利用したセルロースの分子量測定
大雪シンポジウム2013, 北海道北見市
2013-11
セルロース/アミン/無機塩溶液から再生される特異な無定形セルロースとその加水分解性
高分子学会, 名古屋市
2014-05
拡散NMRを用いたセルロースの分子量測定
日本化学会, 北海道函館市
2015-07
水中でも安定な無定形セルロースの調製と加水分解性
高分子学会, 神戸市
2016-05
拡散NMRを用いたセルロースの分子量測定
高分子学会, 千葉市
2017-05
科学研究費
研究課題・他 取得年月
修飾無水糖の開環重合による抗エイズウイルス作用を持つアミノ基含有立体規則性多糖の合成と機能
1996-1997
無水糖の開環重合による抗HIV作用を持つ硫酸化アミノ多糖の合成と作用機構の解明
1998-2000
超分子構造を利用した高強度・高弾性率を有する新規セルロース繊維の開発
2002-2004
開環重合を利用した主鎖が二単位ずつ伸長する多糖の合成
2009-2012
低エネルギーで真に実用可能な結晶セルロースの加水分解法の検討
2017-現在
低エネルギーで真に実用可能な結晶セルロースの加水分解法の検討
受賞
2007 日本木材学会北海道支部 第5回北の木材科学賞
2017 北見医工連賞
社会活動
2009- ISRN Organic Chemistry編集委員