菅野 亨 KANNO TORU

研究者情報
職名 准教授
所属 地域未来デザイン工学科 - バイオ食品工学コース
生年月日 1959年12月04日
電話番号 0157-26-9374
ファックス 0157-26-9374
メールアドレス kannotr@mail.kitami-it.ac.jp
学位・学歴・職歴

学位

博士(工学) MgO表面およびバルク特性評価とCO,CO2吸着種動特性 1997
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
バイオ食品工学概論/短期履修, 無機化学 バイオ食品/短期履修, 化学工学 バイオ食品/短期履修, バイオ食品工学実験I バイオ食品, ゼミナール バイオ, 英語文献講読 バイオ, 環境化学実験 バイオ, 地域未来デザイン工学入門
担当授業科目(大学院)
環境材料設計特論 バイオ, 知能と生体・バイオ 生体とバイオ技術
専門分野
無機材料工学, 生体材料工学, 触媒工学
研究テーマ
ヒドロキシアパタイト生体材料設計に関する研究, 産業廃棄物由来の多孔性材料の高度利用
研究内容キーワード
ヒドロキシアパタイト, 無機層状化合物, 産業廃棄物
所属学会
日本化学会, 化学工学会, 触媒学会, 日本エネルギー学会, 日本セラミックス協会, 日本粘土学会, 日本バイオマテリアル学会
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
Hysterisis Kinetics of Propene Oxidation Characterized by a Ag-Re Supported Membrane Reactor
Studies in Surface Science and Catalysis, 33, 105-112
2001-05
Performance of a Partially Packed Charcoal Pellet Bioreactor for Aceteic Acid Fermentation
J. Biosci. Bioeng., 92, 5, 478-480
2001-05
Gas Permeability Modification of Polyolefin Films Induced by d-limonene Swelling
J. Membrane Sci., 188, 39-48
2001-07
Selective Production of Organic Acids in Anaerobic Acid Reactor by pH Control
Bioresource Tech., 82, 209-213
2002-01
Deodorizing ability of a Diatomaceous Material as an Environmentally-Friendly Inner-Wallboard
J. Ceram. Soc. Jpn., 110, 4, 243-247
2002-04
Comparing Kinetic Design of Propene Partial Oxidation Between a Cs-Ag and a Re-Ag Immobilized Membrane Reactors
Desalination, 144, 3999-403
2002-05
A Shaking Bioreactor Equipped with Twin Ceramic Membranes for Acetic Acid Production Using Acetobacter pasteurianus
Biotech. Lett, 24, 1987-1991
2002-07
Simplified Method for Estimation of Microbial Activity in Compost by ATP Analysis
Bioresource Tech., 86, 95-98
2003-01
Dramatic Innovation of Propene Epoxidation Efficiency Derived from a Forced Flow Membrane Reactor
J. Chem. Tech. Biotech., 78, 303-307
2003-02
Effective Cell Harvesting of the Halotoerant Microalga Dunaliella tertiolecta with pH Control
J. Biosci. Bioeng., 95, 4, 412-415
2003-04
Effect of Humidity on Adsorption Behavior of Acetaldehyde on a Diatomaceous Material
J. Ceram. Soc. Jpn., 111, 6, 396-400
2003-06
Biological Approach for Effective Utilization of Worthless Onions- Vinegar Production and Composting
Resources, Conservation and Recycling, 40, 97-109
2004-01
Properties of Internal Heat Supply with Carbon Dioxide Reforming of Methane over a Ni/Al2O3 Catalyst
Reac. Kinet. Catal. Lett., 83, 1, 147-155
2004-01
Microbial Xylitol Production from Corn Cobs Using Candida magnoliae
J. Biosci. Bioeng., 98, 3, 228-230
2004-03
Biodegradation and bioabsorption innovation of the functionally graded bovine bone-originated apatite with blood permeability
J. Biomedical Materials Reaserch Part A, 76A, 1, 44-501
2006-01
キャンディアマグノリアによるコーンコブからのキシリトール生産に対する酸素供給の影響
Journal of Ecotechnology Research, 13, 1, 29-33
2007-04
ADSORPTION PROPERTIES OF ACIDIC AND BASIC PROTEINS ON THE SURFACE OF CARBONATE-CONTAINING HYDROXYAPATITE
Phosphorus Research Bulletin, 21, 25-30
2007-04
Application of Carbonized Paper Sludge as Support of a Ni Catalyst. Performance in Steam Reforming of Methane
Reaction Kinetics and Catalysis Letters, 91, 1, 187-194
2007-06
炭酸イオン修飾アパタイト上のBSAとLSZの脱離特性
Journal of Ceramic Society of Japan, 117(10), 1101-1104
2009-10
炭酸含有アパタイトにおけるタンパク質の動的吸脱着挙動
日本セラミック協会誌, 118(6), 547
2010-06
水酸化カルシウムスラリーを用いた簡便な化学処理プロセスによるチタンへの生体機能を持ったチタン酸カルシウムコーティングー加熱温度の影響
Progress in Organic Coatings, 70, 353
2011-04
亜鉛含有アパタイト上における流通系を用いて評価したタンパク質徐放パラメーター
IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering, 18, 192016
2011-07
チタン及びチタン酸カルシウムコーティングチタン上でのタンパク質吸着特性
IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering, 18, 192023
2011-07
Enhanced Production of Bioxylitol from Corn Cobs by Candida magnolia
Industrial & Engineering Chemistry Research , 51, 10008-10014
2012-09
Proteome analysis of threonine-limited lysine fermentation by Brevibacterium flavum using two-dimensional electrophoresis
J. Chem. Eng. Jpn , 45
2012-10
Selective production of Lactic Acid in Continuous Anaerobic Acidogenesis by Extremely Low pH Operation
J. Biosci. Bioeng. , 114, 5, 537-539
2012-10
Protein release properties on carbonate ion-containing apatite in a flow system
Journal of the Ceramic Society of Japan, 121, 4, 393-396
2013-04
Modeling of Churning Machine Control by Experienced Operators in Industrial Butter Production using an Artificial Neural Network
J. Chem. Eng. Jpn, 46, 8, 541-545
2013-08
Simultaneous Removal Behavior of Phosphate and Fluoride Ions in the Presence of Scallop Shell
Journal of Chemical Engineering of Japan, 48, 4, 276-280
2015-04
Adsorption and Release Properties of Seven Anticancer Compounds on Hydroxyapatite
Journal of Chemical Engineering of Japan, 51, 11, 921-927
2018-11

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
Characterization of the surface of carbonate-containing apatite through BSA adsorption
Archives of Bio Ceramics Research, , , 5, 138-141
2005-10
Adsorption characteristics of albumin on bioabsorbable and functionally graded apatites originated Bovine Bone
Archives of Bio Ceramics Research, 5, 332
2005-10
2次元電気泳動に基づいたBrevibacterium flavumを用いたスレオニン制限リジン生産の解析
ソフトウェアバイオロジ, 7
2008-03

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
Simultaneous Removal of Phosphate and Fluoride Ions with Scallop Shell
The International Workshop on Modern Science and Technology (IWMST)2014, Wuhan University of Science and Technology , Wuhan (China)
2014-10
Adsorption of Protein and its Effect on Apatite Formation on Modified Ti Surface
The International Workshop on Modern Science and Technology (IWMST)2014, Wuhan University of Science and Technology, Wuhan, China
2014-10
Analysis of Adsorption and Desorption of Protein on Apatite with Quartz Crystal Microbalance Technique
The International Workshop on Modern Science and Technology (IWMST)2014, Wuhan University of Science and Technology, Wuhan
2014-10
Adsorption and Release Properties of Proteins and Anticancer Drugs on Apatite and Ion-containing Apatite
Proceedings of the International Workshop on Modern Science and Technology 2016, National Chin-Yi University of Technology, Taichung
2016-11
Adsorption and Desorption Properties of Proteins on Apatite Formed on Au
Proceedings of the International Workshop on Modern Science and Technology 2016, National Chin-Yi University of Technology, Taichung
2016-11
Adsorption and Release Mechanism of Two Anticancer Compounds on Apatite
Proceedings of The International Workshop on Modern Science and Technology 2018, Wuhan University of Science and Technology, Wuhan
2018-10
Adsorption and Desorption Properties of Protein and Drugon “apatite-coated” QCM Sensor and Au Plate
Proceedings of The International Workshop on Modern Science and Technology 2018, Wuhan University of Science and Technolog, Wuhan
2018-10

講演発表

発表題名 発表年月
アパタイトへの異種イオン導入によるタンパク質徐放特性制御
日本化学会北海道支部, 北見
2013-07
修飾チタン表面上のアパタイト形成およびタンパク質吸着挙動
日本化学会北海道支部, 北見
2013-07
無機層状化合物におけるタンパク質吸脱着特性
日本化学会北海道支部, 北見
2013-07
タンパク質存在下における修飾チタン表面上のアパタイト形成挙動
日本セラミックス協会, 長野
2013-09
種々イオン含有アパタイトにおけるタンパク質徐放性評価
日本セラミックス協会, 長野
2013-09
モンモリロナイトにおけるタンパク質吸脱着特性及び表面電位
日本セラミックス協会, 長野
2013-09
タンパク質徐放に対するアパタイトへの種々イオン導入効果
化学工学会北海道支部, 札幌
2014-01
無機層状化合物におけるタンパク質の選択的吸脱着特性
化学工学会北海道支部, 札幌
2014-01
修飾チタン表面上のアパタイト形成およびタンパク質の影響
化学工学会北海道支部, 札幌
2014-01
ホタテ貝殻によるアパタイト生成を利用したリン及びフッ素の同時除去挙動
化学工学会, 岐阜
2014-03
修飾チタン表面上におけるタンパク質吸着およびアパタイト形成
化学工学会, 岐阜
2014-03
アルカリあるいは酸化処理チタン表面上におけるタンパク質吸着及びアパタイト形成挙動
化学工学会北海道支部, 北見
2015-01
QCM法を用いたアパタイト表面上における種々タンパク質吸脱着挙動の解析
化学工学会北海道支部, 北見
2015-01
酸性及び塩基性タンパク質のアパタイト結晶性への影響
化学工学会北海道支部, 北見
2015-01
QCM法によるアパタイト表面のタンパク質吸脱着挙動の解析
化学工学会, 東京
2015-03
タンパク質存在下における修飾チタン表面上の骨類似アパタイト生成
化学工学会, 東京
2015-03
金上に形成されたアパタイト結晶表面におけるタンパク質吸脱着特性
化学工学会, 札幌
2015-09
アパタイトにおけるタンパク質及び薬剤の吸脱着特性に対する 種々導入イオンの効果
化学工学会, 札幌
2015-09
QCMによるタンパク質の吸脱着挙動と金表面HApの結晶性評価
化学工学会北海道支部, 室蘭
2016-01
ホタテ貝殻 – アパタイト複合材料の環境浄化特性
化学工学会, 徳島
2016-09
ホタテ貝殻-アパタイト複合材料を用いたリン及びフッ素の同時除去
化学工学会, 徳島
2016-09
アパタイトにおけるタンパク質及び抗ガン試薬の吸脱着特性
化学工学会北海道支部, 札幌
2017-01
ホタテ貝殻-アパタイト複合材料の鉛および亜鉛吸着特性
化学工学会北海道支部, 札幌
2017-01
金表面上のアパタイト結晶特性およびタンパク質吸脱着特性
化学工学会北海道支部, 札幌
2017-01
層状化合物における薬剤の吸着特性
日本化学会北海道支部, 旭川
2017-07
アパタイトにおける抗がん試薬の吸着および徐放特性
日本化学会北海道支部, 旭川
2017-07
イオン交換性層状化合物における薬剤の吸着特性
化学工学会, 名古屋
2017-09
アパタイトにおける抗がん試薬の吸着及び脱離挙動
化学工学会, 名古屋
2017-09
ホタテ貝殻及び複合材料によるP及びFの除去挙動
化学工学会北海道支部, 函館
2018-01
ホタテ貝殻‐リン酸カルシウム複合材料の環境浄化特性
化学工学会北海道支部, 函館
2018-01
アパタイトにおけるドキソルビシンおよびミトキサントロンの吸脱着機構特性
日本化学会北海道支部, 北見
2018-07
アパタイトコーティングQCMセンサー上における タンパク質及び薬剤の吸脱着特性
日本化学会北海道支部, 北見
2018-07
カルシウム資源としてのホタテ貝殻と環境浄化材への応用
化学工学会3支部(関東、東北、北海道), 室蘭
2018-08
金上アパタイトにおけるタンパク質及び薬剤の吸脱着特性
化学工学会3支部(関東、東北、北海道), 室蘭
2018-08
ハイドロタルサイトにおける陰イオン及び薬剤の吸脱着挙動
化学工学会3支部(関東、東北、北海道), 室蘭
2018-08
アパタイトにおける抗がん試薬の吸脱着挙動と応用
化学工学会3支部(関東、東北、北海道) , 室蘭
2018-08
ホタテ貝殻による ホタテ貝殻によるリン資源の回収および地場資源の高付加価値化  
北海道肥料分析協議会, 北見
2018-11
アパタイト粒子の抗がん剤徐放担体への応用
化学工学会北海道支部, 北見
2019-01
陽イオン及び陰イオン交換性層状化合物における薬剤の吸脱着特性
化学工学会北海道支部, 北見
2019-01
科学研究費
研究課題・他 取得年月
固体高分子電解質(SPE)を用いたガス分離及び触媒反応の基礎的研究,
1990
修飾金属酸化物表面の新規塩基性評価法に関する研究
1994
社会活動
2002- エネルギー教育コーディネーター(財団法人社会経済生産性本部・エネルギー環境教育情報センター認定)