亀田 貴雄 Kameda Takao

研究者情報
職名 教授
所属 地球環境工学科 - 環境防災工学コース
生年月日 1963年05月07日
電話番号 0157-26-9506
ファックス 0157-25-8772
メールアドレス kameda@mail.kitami-it.ac.jp
関連ウェブサイト http://cee.civil.kitami-it.ac.jp/study/seppyou-kagaku/
学位・学歴・職歴

学位

博士(理学) 極域氷床における雪-氷変化過程の研究 1994

学歴

1986.3.25 北海道大学工学部応用物理学科卒業
1988.3.31 北海道大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士前期課程修了
1991.3.31 北海道大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士後期課程単位取得退学

職歴

1991.4.1-1994.3.31 北見工業大学助手(一般教育等物理)
1991.4.1-1998.10.30 北見工業大学助手(土木開発工学科)
1998.11.1-2001.3.31 北見工業大学講師(留学生教育相談室)
2002.4.1-2006.3.31 北見工業大学助教授(土木開発工学科)
2006.4.1-2007.3.31 北見工業大学准教授(土木開発工学科)
2007.4.1-2011.3.31 北見工業大学准教授(社会環境工学科)
2011.4.1- 北見工業大学教授(社会環境工学科)
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
社会環境工学基礎 社会, オホーツク総合演習I 社会, オホーツク総合演習II 社会, 雪氷学 社会, 地球工学概論 機械・社会, 機械・社会環境工学入門 機械・社会, 創造基礎 機械・社会AB, 力学 情報電気CD, 電磁気学基礎 情報, 物理学実験 情報電気CD
担当授業科目(大学院)
エネルギーと環境 自然と環境(H27入学以前), エネルギーと環境 自然と環境, 雪氷学特論 社会, 特別実験 寒冷地・環境・エネルギー, 総合特別研修 寒冷地・環境・エネルギー, 特別講義 寒冷地・環境・エネルギー
専門分野
雪氷学
研究テーマ
寒冷地域における雪と氷の研究, 極域および高山域の氷河および氷床の研究
研究内容キーワード
雪氷, 南極氷床, 氷河, 極地, 寒冷地の気象
所属学会
日本雪氷学会, 国際雪氷学会, 日本気象学会, 国際地球物理学連合, 日本物理教育学会
著書
タイトル/出版社等
亀田光三論文集 桐生織物史と産業遺産
(株)太陽印刷工業, 2011-12
新版 雪氷辞典
古今書院, 2014-03
低温環境の科学事典
朝倉書店, 2016-07
雪と氷の疑問60
成山堂書店, 2016-10
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
Metorological observations on Sofiyskiy Glacier, Russian Altai Mountains
Polar Meteorology and Glaciology, 16, 140-148
2002-01
Annual-layer determinations and 167 year records of past climate of H72 ice core in east Dronning Maud Land, Antarcitaca
Annals of Glaciology, 35, 471-479
2002-03
Electrical measurements on the 2503m Dome F Antarctic ice core
Annals of Glaciology, 35, 313-320
2002-03
Improvements to the JARE deep ice core drill
Mem. Nati.Inst. Polar Res., Spec. Issue, 56, 117-125
2002-03
Linear and non-linear relations between the high-frequency-limit conductivity, AC-ECM signals and ECM signals of Dome F Antarctic ice core from a laboratory experiment
Annals of Glaciology, 35, 321-328
2002-03
Outline of Japan-Russia joint Glaciological Research on Sofiyskiy Glacier, Russian Altai Mountains in 2000 and 2001
Bulletin of Glaciological Research, 19, 53-58
2002-03
A stratification model of surface snow at Dome Fuji Station, Antarctica
Polar Meteorology and Glaciology, 16, 61-73
2002-11
Deep ice core drilling to 2503m depth at Dome Fuji, Antarctica
Mem. Nati.Inst. Polar Res., Spec. Issue, 56, 103-116
2003-06
Physical properties of the Dome Fuji ice core
Mem. Nati.Inst. Polar Res., Spec. Issue, 57, 63-71
2003-06
Seasonality of isotopic and chemical species and biomass buring signals remaining in wet snow in the accumulation area of Sofiskiy Glacier, Russian Altai Mountains
Polar Meteorology and Glaciology, 17, 15-24
2003-11
Application of pollen analysis to dating of ice cores from lower-latitude glaciers
Journal of Geophysical Research, 109, F4, F04001, doi:10.1029/2004 JF000125
2004-08
Starigraphy and ice grains of a 25.3m ice core from Sofiyskiy Glacier, Russian Altai Mountains, in 2001
Bulletin of Glaciological Research, 21, 65-69
2004-11
Concentrations, deposition rates and source variations of n-alkanes in Sofiyskiy Glacier, Russian Altai Mountains
Bulletin of Glaciological Research, 22, 81-87
2005-01
Experimental results on the formation of hard compacted snow in Rikubetsu in northern Japan: a first step toward the construction of a compacted-snow runway on the Antarctic ice sheet.
Polar Meteorology and Glaciology, 19, 95-107
2005-11
Biological ice-core analysis of Sofiyskiy glacier in the Russian Altai
Annals of Glaciology, 43, 70-78
2006-06
Snow density for measuring surface mass balance using the stake method
Journal of Glaciology, 53, 183, 677-680
2007-12
Ground-based measurements of spatial and temporal variability of snow accumulation in East Antarctica
Review of Geophysics, 46, 82, RG2001
2008-04
Surface characteristics at Dome A, Antarctica: first measurements and a guide to future ice-coring sites
Annals of Glaciology, 48, 82-87
2008-08
2003年における南極ドームふじ基地内の温度と湿度
南極資料, 52, 193, 203
2008-09
沿岸からドームふじへ至るルート沿いの光沢雪面の分布特性
南極資料, 52, 232, 237
2008-09
南極ドームふじにおける1995年から2006年の表面質量収支の特徴
南極資料, 52, 117, 151-158
2008-09
みずほ基地とドームふじ基地における吹雪観測
南極資料, 52, 204, 215
2008-09
ドームふじ観測計画(1991-2007)における雪氷・気象観測の概要
南極資料, 52, 151, 117-150
2008-09
Temporal and spatial variability of surface mass balance at Dome Fuji, East Antarctica, by the stake method from 1995 to 2006
Journal of Glaciology, 54, 184, 107-116
2008-10
学校教育における雪結晶生成実験 ―北見工業大学の物理学実験での実施例―
雪氷, 71,4, 263, 272
2009-07
Total solar eclipse over Antarctica on 23 November 2003 and its effects on the atmosphere and snow near the ice sheet surface at Dome Fuji
Journal of Geophysical Research, 114, D18115, doi:10.1029/2009JD011886
2009-09
鏡面冷却式露点計による人工雪結晶生成時の湿度測定
雪氷, 73, 1, 3-14
2011-01
Response of glaciers in the Suntar-Khayata Range, Eastern Siberia, to climate change
Annals of Glaciology, 58, 52, 185-192
2011-10
対流型装置を用いた-4℃から-40℃での人工雪結晶の形態と生成条件 -鏡面冷却式露点計による湿度測定に基づく結果-
雪氷, 74, 1, 3-21
2012-01
中緯度と極域での観測に基づいた新しい雪結晶の分類 -グローバル分類-
雪氷, 74, 3, 223-241
2012-05
3D reproduction of a snow crystal by stereolithography
Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, 6, 6, 923-935
2012-09
A global classification of snow crystals, ice crystals, and solid precipitation based on observations from middle latitudes to polar regions
Atmospheric Research, 132-133, 460-472
2013-08
身近に見られる積雪の造形美の生成条件の解明-北海道新聞読者からの写真を用いた解析-
雪氷, 76, 5, 345-353
2014-09
Characteristics of white spots in saturated wet snow
Journal of Glaciology, 60, 224, 1075-1083
2014-12
樹枝包埋レプリカによる雪結晶のレプリカ作成およびそれを用いた雪結晶表面構造の計測とその精度
雪氷, 77, 1, 75-89
2015-01
北極海における氷況把握のための画像解析法の開発 -自動化した表面状態判別とその測定結果-
雪氷, 77, 2
2015-03
Post bubble-close off fractionation of gases in polar firn and ice cores: effects of accumulation rate on permeation through overloading pressure
Atmospheric Chemistry and Physics Discusssion, 15, , 15711–15753
2016-05
Spatial Characteristics of Rainfall at Sparsely Distributed Station Network over the High-Latitude Mountainous Regions in Eastern Siberia.
International Journal of Earth Environmental Sciences,, 1
2016-05
航空機搭載6GHzマイクロ放射計による冬季アラスカの地表面状態の観察.
雪氷, 78, 4, 185-204
2016-07
Estimation of melt pond fraction over high-concentration Arctic sea ice using AMSR-E passive microwave data.
Journal of Geophysical Research: Oceans, 121, 7056-7072
2016-08
Winter-spring transition of ground conditions over Alaska deived by airborne 6Ghz microwave and ifrared observations.
Journal of the Japanese Societies of Snow and Ice (Seppyo), 78, 6, 365-382
2016-11
State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling
Science Advances, 3, e1600446
2017-02

参考論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
南極ドームふじ観測拠点における新掘削場の建設 ―第44次ドームふじ越冬隊による作業―
南極資料, 49, 2, 207-243
2005-07
Glaciological Data Collected by the 44th Japanese Antarctic Research Expedition during 2003 - 2004
JARE DATA REPORTS, 298, 92p.
2007-04
南極氷床コア研究
雪氷研究の系譜, 1, 95, 97
2009-09
大雪山「雪壁雪渓」の年々変動
北海道の雪氷, 28, 57-60
2009-12
雪結晶分類小史
天気, 59, 4, 63-68
2012-04
南極ドームふじ基地での掘削,観測,生活
水環境学会誌, 38, 4, 142-148
2015-04
1989年に実施したグリーンランドSite-Jでの氷床掘削およびその後の科学的成果
雪氷, 77, 3, 247-249
2015-05
日本一寒い町,北海道陸別 ―気象庁による2007年から2016年までの10年間の観測データに基づく―.
天気, 63, 11, 879-887
2016-11

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
3D Reproduction of a Snow Crystal by Stereolithography
Proceedings of the 6th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), Japan Society of Mechanical Engineers(JSME)
2011-12

講演発表

発表題名 発表年月
皆既日食が地上付近の大気および積雪におよぼす影響― 2003年11月23日ドームふじでの観測結果 ―
日本雪氷学会, 東京
2008-09
皆既日食が地上付近の大気および積雪におよぼす影響― 2003年11月23日ドームふじでの観測結果 ―
国立極地研究所, 東京
2008-11
グリーンランド沿岸域および北半球5地点の夏季気温の特徴
国立極地研究所, 東京
2008-11
東シベリア・スンタルハイアタ地域氷河調査(2)
国立極地研究所, 東京
2008-11
学校教育における雪結晶生成実験 ―北見工業大学の物理学実験での実施例―
日本物理教育学会, 埼玉県本庄市
2009-08
鏡面冷却式露点計による雪結晶生成時の水蒸気量測定
日本雪氷学会, 札幌
2009-10
大雪山系「雪壁雪渓」の変動とその要因
日本雪氷学会, 札幌
2009-10
Temporal and spatial variability of surface mass balance at Dome Fuji, East Antarctica, by the stake method from 1995 to 2006
The 2nd International Symposium on Dome Fuji Ice core and related topics, 東京都立川市
2009-11
Total solar eclipse over Antarctica on 23 November 2003 and its effects on the atmosphere and snow near the ice sheet surface at Dome Fuji
The 2nd International Symposuim on Dome Fuji Ice core and related topics, 東京都立川市
2009-11
Changes of surface snow density in a summer in the Antarctic Dome Fuji region: implication for formation of density strata
第32回極域気水圏シンポジウム, 東京都立川市
2009-11
道路上の濡れ雪の白い斑点模様
日本雪氷学会, 仙台
2010-09
-40℃〜-55℃における人工雪結晶生成実験とその特徴(序報)
日本雪氷学会
2010-09
中緯度と極域での観測に基づく新しい雪結晶分類の提案
日本雪氷学会, 仙台
2010-09
中緯度と極域での観測に基づく新しい雪結晶分類の提案
日本気象学会, 京都
2010-11
-40℃~-55℃での人工雪結晶生成実験とその特徴
日本雪氷学会北海道支部研究発表会 , 札幌
2011-05
道路上の濡れ雪の白い斑点模様(2)−2010/2011冬季の11地点での観察結果−
日本雪氷学会, 長岡市
2011-09
-40℃~-55℃での人工雪生成実験とその特徴(第2報)
日本雪氷学会, 長岡
2011-09
低温域で生成される放射状針状結晶の特徴(2)-構成本数の水蒸気依存性-
日本雪氷学会, 福山市
2012-09
道路上の濡れ雪の白い斑点模様(3)−斑点の大きさ・分布,空気量-
日本雪氷学会, 福山市
2012-09
道路上の濡れ雪の白い斑点模様(4) -斑点内部の空気量および空気層の厚さ-
日本雪氷学会, 北見
2013-09
南極ドームふじでの表面質量収支の特徴 -1995年1月から2013年1月までの18年間の観測結果-
日本雪氷学会, 八戸
2014-09
これまでの斑点ぬれ雪の観察事例および斑点ぬれ雪生成時の気象条件
日本雪氷学会, 松本
2015-09
雪結晶の「裏面」に見られる厚さ4~27μmの層構造
雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋
2016-09
斑点ぬれ雪の生成・消滅過程および分類
雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋
2016-09
科学研究費
研究課題・他 取得年月
斑点ぬれ雪の生成メカニズムの解明
2015-2017
南極氷床の表面質量収支と海水準への影響の解明 -氷床の平坦性及び標高分布観測-
2009-2012
日本列島における酸性雪の一斉動態調査研究
2008-2010
「知床」の雪氷環境・防災に関する研究
2007-2010
北海道東部における雪氷災害のマイクロ波遠隔計測および予測システムの開発
2005-2007
国際極年における東シベリアの氷河分布調査および雪氷学的観測
2004-2007
極域雪氷中の環境変動シグナル抽出と環境情報復元に関する研究
2003-2005
極地氷床における物理過程の解明とそれに基づく気候、環境変動史の高分解能解析
2002-2006
南極表面質量収支における積雪再配分効果の研究
2001-2003
南極の氷に含まれる気泡の形成過程に関する研究
1997-1998
極域の雪氷試料から解明する気候・環境変動の基礎的手法に関する研究
2000-2001
環北極雪氷圏気候・環境変動研究
1996-1997
北極雪氷圏変動を示す氷コア気候-環境シグナルの研究
1993-1995
氷床コアの含有空気量解析による氷床変動の復元に関する基礎研究
1993
カムチャッカ半島における氷河をとりまく水循環過程およびその変遷に関する研究
1996-1998
斑点ぬれ雪の生成メカニズムの解明
受賞
1996 第一回南極賞 (財)日本極地研究振興会