鈴木 正清 Suzuki Masakyo

研究者情報
職名 教授
所属 地域未来デザイン工学科 - 情報デザイン・コミュニケーション工学コース
生年月日 1958年07月08日
電話番号 0157-26-9347
ファックス 0157-26-9344
メールアドレス masakiyo@mail.kitami-it.ac.jp
関連ウェブサイト http://splab.cs.kitami-it.ac.jp
学位・学歴・職歴

学位

工学博士 Generalization of Digital Lattice Filter Based on Distributed Network Theory 1987

学歴

1979/3 国立福島工業高等専門学校卒業
1979/4 北海道大学工学部電子工学科編入学
1982/3 北海道大学工学部電子工学科卒業
1982/4 北海道大学工学研究科電子工学専攻修士課程入学
1984/3 北海道大学工学研究科電子工学専攻修士課程修了
1984/4 北海道大学工学研究科電子工学専攻博士課程入学
1987/3 北海道大学工学研究科電子工学専攻博士課程修了

職歴

1987/4 北海道大学 助手 応用電気研究所 (電子回路部門)
1992/4 北海道大学 助手 電子科学研究所 (電子情報処理部門)
1993/4 北見工業大学 助教授 (電気電子工学科)
1993/5 北見工業大学 助教授 (情報工学科)
1995/4 北見工業大学 助教授 (情報システム工学科)
1996/4 北見工業大学 助教授 (電気電子工学科)
1996/5 北海道大学 助教授 電子科学研究所 (電子情報処理部門
2001/4 北見工業大学 教授 (情報システム工学科)
担当科目・専門分野等
担当授業科目(学部)
オートマトン 情報デザイン, オートマトン 情報, 信号処理II 情報
担当授業科目(大学院)
知的システム設計特論Ⅱ 情報
専門分野
信号処理
研究テーマ
センサアレイを用いる超分解能方位推定および受信信号数検出, サケの自動追跡ロボット船の開発., 北見市小中学校のための備品および図書管理システムの開発, 国際会議運営支援システム構築
研究内容キーワード
超分解能信号源定位, 信号数検出, 最大尤度法, 最小記述長情報量規範, 最適経路探索, 情報処理システム
所属学会
電子情報通信学会, IEEE
学術論文等

学術論文

論文名/掲載誌名等     掲載年月
2 バンドモデルの時間域解析のためのディジタルフィルタモデル
電子通信学会論文誌(C), J84-C, 7, 563-573
2001-07
対称なガウス型ポテンシャル包絡をもつ変調超格子のバンド構造
電子通信学会論文誌(C), J84-C, 7, 574-583
2001-07
帯域通過型電子波エネルギーフィルタ設計のための回路理論的一手法
電子情報通信学会論文誌(C), J84-C, 11, 1090-1099
2001-11
Switched Ethernet Protocol for Industrial Hard Real-Time Communications
GESTS International Transactions on Computer Science and Engineering, 28, 1, 199−211
2005-02
Takagi-Sugeno Fuzzy Control Systems Design Based on Two-Degree-of-Freedom Architecture
WSEAS TRANSACTIONS ON SYSTEMS, 6, 5, 1229-1236
2006-06
外部要因を考慮したマルコフ決定過程の個人融資における限度額の設定戦略への適用
リアルオプション研究, 3, 1, 107-122
2010-02
Exact Formulation for Stochastic ML Estimation of DOA
IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E93-A, 11, 2141-2152
2010-11
A note on estimation of states in HMM with unknown parameters
International Journal of Computer Science and Network Security, 11, 4, 63-67
2011-04
メタボ対策料理レシピ発想支援方法に関する一考察
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 13, 1, 81-86
2011-06
地産地消レシピ発想支援方法に関する一考察
電子情報通信学会論文誌A, J94-A, 7, 536-539
2011-07
学習データが少量しかない場合の文書分類に関する一考察
電気学会論文誌C, 131, 8, 1459-1466
2011-08
特定栄養素を調整する新規料理レシピ発想支援方法に関する一考察
電気学会論文誌, 131, 9, 1654-1655
2011-09
The Bayesian Optimal Algorithm for Query Refinement in Information Retrieval
International Journal of Computer Science and Network Security, 11, 10, 91-95
2011-10
A Note on Supporting Method for Making Recipe Using Local Foods with Constraints
International Journal of Computer Science and Network Security, 11, 11, 49-52
2011-11
パラメータが未知のマルコフ決定過程を用いた個人融資限度額の設定
電気学会論文誌C, 132, 1, 68-69
2012-01
マルコフ決定過程のロールプレイングゲームへの適用
情報処理学会論文誌, 53, 6, 1608-1616
2012-06
収益を考慮した保全への状態が未知のマルコフ決定過程の適用
電子情報通信学会論文誌D, J95-D, 9, 1802-1805
2012-09
パラメータ未知のマルコフ決定過程の保全への適用
電気学会論文誌C, 132, 10, 1719-1720
2012-10
食材の代替を考慮した食材購入支援方法に関する一考察
電子情報通信学会論文誌D, J96-D, 4, 1071-1074
2013-04
エゾ鹿肉の観光資源化と料理レシピ発想支援に関する一考察
観光情報学会誌, 9, 1, 39-54
2013-05
マルコフ決定過程で表現されたロールプレイングゲームにおける攻略法の能動学習
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 15, 1, 69-81
2013-07
ノンプレイヤキャラクタを伴うロールプレイングゲームの攻略法に関する一考察
電子情報通信学会論文誌A, J96-A, 8, 572-581
2013-08
A Note on Supporting Method for Making Recipe for a Measure against Metabolic Syndrome
International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences, 18, 2, 41-47
2013-09
A Novel AWSF Algorithm for DOA Estimation in Virtual MIMO Systems
IEEE JOURNAL ON SELECTED AREAS IN COMMUNICATIONS, 31, 10, 1994-2003
2013-11
収益と経済状態を考慮した保全に関する一考察
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 16, 2, 59-63
2014-11
旅行中の観光目的の変化のモデル化に関する一考察
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 16, 2, 29-36
2014-11
北海道北見市におけるペットツーリズムに関する一考察
観光情報学会誌, 11, 1, 71-86
2015-05
A Low Computational Complexity SML Estimation Algorithm of DOA for Wireless Sensor Networks
International Journal of Distributed Sensor Networks, 2015, 352012
2015-10
統計的決定理論に基づくeテスティングに関する一考察
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 17, 2, 67-71
2015-12
マルコフ決定過程を用いた教授戦略
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 17, 2, 51-57
2015-12
Efficient AM Algorithms for Stochastic ML Estimation of DOA
International Journal of Antennas and Propagation, 2016
2016-11
A Novel Modification of PSO Algorithm for SML Estimation of DOA
Sensors, 2016
2016-12
ヒゲコウモリの大脳皮質遅延同調ニューロンに基づく距離計測の鋭利さについて
ヒアリングリサーチ, 350, 189-204
2017-05
センサネットワークを利用したアセットマネジメントに関する一考察
電気学会論文誌C, 137, 6, 817-818
2017-06
顧客クラスが変化する推薦システムに関する一考察
電気学会論文誌C, 137, 6, 815-816
2017-06
推薦システムにおける新規顧客問題に関する一考察
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 19, 2, 13-19
2017-12
マルコフ決定過程を用いたヘルスケア支援に関する一考察
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 19, 2, 21-27
2017-12
顧客クラスが変化する推薦システムにおける半教師付き学習
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 20, 1, 15-22
2018-05
推薦システムの新規顧客問題における半教師付き学習
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌, 20, 1, 37-46
2018-05
A Low-Complexity GA-WSF Algorithm for Narrow-Band DOA Estimation
International Journal of Antennas and Propagation, 2018
2018-11

国際会議発表論文

発表題名 発行年月
Simultaneous Enumeration of the Number of Coherent Signals Impinging on a Sensor Array and the Number of Their Independent Components
2015 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2015), ISMAC Organizing Committee, Ayutthaya, Thailand
2015-09
A JPSO Algorithm for SML Estimation of DOA
2016 16th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT) , ISCIT 2016 Organizing Committee, Qingdao
2016-09
Detection of Coherent Signals and Their Independent Components Based on MDL Principle
2016 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2016), Smart Info-media System (SIS) Technical Committee, Engineering Science Society (ESS), The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), Japan., Ayutthaya
2016-09
Enumeration of Coherent Signals and Their Independent Components Based on MDL Principle
2017 International Symposium on Multimedia and Communication Technology, ISMAC 2017 Organizing Committee, Ayutthaya
2017-08

講演発表

発表題名 発表年月
エゾ鹿の有効活用および地産地消を目的としたレシピ開発
産学連携学会第13回大会, 北見
2015-06
犬猫の保護・里親探しにおける各種連携
産学連携学会第13回大会, 北見
2015-06
Enumeration of the number of coherent signals and the number of their independent components
2015 Joint Convention Record, the Hokkaido Chapters of the Institutes of Electrical and Information Engineers, Japan, Kitami
2015-11
MDL 規範に基づくコヒーレント信号数と独立信号数の計数
電子情報通信学会技術研究報告, 釧路
2016-06
マルコフ決定過程を用いた教授戦略に関する一考察
電子情報通信学会技術研究報告, 釧路
2016-06
科学研究費
研究課題・他 取得年月
信号源定位のためのディジタル信号処理
2002-2004
サケの回遊行動自動追跡システムの開発と応用に関する研究
1999-2001
コウモリの聴覚野FM-FMニューロンのモデリング
1995
コウモリの聴覚野FM-FMニューロンのモデリング
1994
コウモリの聴覚野FM-FMニューロンのモデリング
1993