兼清 泰正 Kanekiyo Yasumasa

職名

准教授

所属

バイオ環境化学科 - 応用化学

生年月日

1970年03月13日

メールアドレス

kanekiyo@mail.kitami-it.ac.jp

関連ウェブサイト

http://www.chem.kitami-it.ac.jp/laboratory/kanekiyo/

学位

博士(工学)(九州大学)

Molecular Recognition Systems Designed from Novel Functional Polymer Materials

2001

学歴

1993.3 名古屋大学理学部化学科卒業
1995.3 名古屋大学大学院理学研究科化学専攻博士前期課程修了

職歴

1995.4 - 2001.7 チッソ株式会社研究員
1997.4 - 2000.3 科学技術振興事業団国際共同研究分子転写プロジェクト研究員
1999.7 - 2000.3 オランダ・トゥエンテ大学客員研究員
2001.8 - 2003.3 独立行政法人産業技術総合研究所特別研究員
2003.4 - 2006.3 日本学術振興会特別研究員(産総研客員研究員)
2004.4 - 2005.4 ドイツ・ドルトムント大学客員研究員
2006.4 - 2006.9 独立行政法人産業技術総合研究所特別研究員
2006.10 - 北見工業大学工学部化学システム工学科助教授
担当授業科目
【学部】 分析化学 バイオ, 生物有機化学II バイオ/短期履修, 分子認識化学 バイオ, 無機・分析化学演習 バイオ, 環境化学実験 バイオ, バイオ環境化学入門 バイオ・マテリアル, ゼミナール バイオ, 英語文献講読 バイオ, 無機・分析化学演習 バイオ, 分析化学 バイオ, 生物有機化学II バイオ/短期履修, 分子認識化学 バイオ, 環境化学実験 バイオ, ゼミナール バイオ, 英語文献講読 バイオ, バイオ環境化学入門 バイオ・マテリアル
【大学院】 超分子化学特論 バイオ, 計測分析医工学特論, 知能と生体・バイオ 生体とバイオ技術, 超分子化学特論 バイオ
専門分野
分子認識化学
研究テーマ
環境応答性分子認識機能材料の創製
研究内容キーワード
インテリジェントポリマー(知能性高分子), センシング, 分離, ドラッグデリバリー, モレキュラーインプリンティング
所属学会
日本化学会, 日本分析化学会, 高分子学会, アメリカ化学会, Society for Molecular Imprinting
タイトル/出版社等
パーソナル・ヘルスケア―ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス最前線―
NTS, 2013-10

学術論文

論文名/掲載誌名等 掲載年月
Molecular imprinting of bisphenol A and alkylphenols using amylose as a host matrix
Chemical Communications, 2698-2699
2002-11
pH-responsive molecularly imprinted polymers
Angewandte Chemie, International Edition, 42, 3014-3016
2003-07
Sensitivity improvement in the detection of trichloroethylene by applying oxidizing agents to the quartz crystal microbalance method
Chemistry Letters, 32, 1128-1129
2003-12
Fluorescence detection of ATP based on the ATP-mediated aggregation of pyrene-appended boronic acid on polycation
Chemical Communications, 1006-1007
2004-04
Selective glucose sensing utilizing complexation with fluorescent boronic acid on polycation
Chemistry Letters, 34, 196-197
2005-02
Saccharide sensing based on conformational change in fluorescent boronic acid polymers
Macromolecular Rapid Communications, 26, 1542-1546
2005-10
Glucose-specific sensing with boronic acid utilizing enzymatic oxidation
Chemistry Letters, 35, 852-853
2006-08
Remarkable color changes induced by saccharide-responsive sequential release of anionic dyes
Chemistry Letters, 37, 6, 626-627
2008-06
Stimuli-responsive guest binding and releasing by dendritic polymer-based hydrogels
Polymer Journal, 40, 8, 684-687
2008-06
Mechanical Tuning of Molecular Recognition to Discriminate the Single-Methyl-Group Difference between Thymine and Uracil
Journal of the American Chemical Society, 132, 37, 12868-12870
2010-08
Stimuli-responsive inclusion complex of boronic acid-modified amylose for colorimetric detection of polyhydroxy compounds
Chemistry Letters, 39, 10, 1075-1077
2010-10
Colorimetric sensing method for polyamines utilising inclusion complex of stimuli-responsive amylose
Analytical Methods, 3, 524-528
2011-03
Colorimetric Sensing of Polyhydroxy Compounds by Inclusion Complex of Boronic Acid-Modified Amylose
Analyst, 136, 2521-2526
2011-04
Mechanical Tuning of Molecular Machines for Nucleotide Recognition at the Air-Water Interface
Nanoscale Research Letters, 6, 304
2011-04
Multicolor saccharide-sensing chips based on boronic acid-containing thin films showing stepwise release and binding of dyes
Talanta, 85, 829-833
2011-07
Multicolor Sensor Arrays for Saccharide Analysis Based on Boronic Acid-containing Thin Films Combined with Various Anionic Dyes
Chemistry Letters, 42, 10, 1214-1216
2013-10
Multicolor saccharide-sensing chips created via layer-by-layer adsorption of boronic acid-containing polymers
Sensors and Actuators B: Chemical, 192, 776-781
2013-11
研究課題・他 取得年月
ボロン酸を用いた糖検出チップの高速応答化とマルチカラーセンサーアレイへの展開
2011-2013
低環境負荷型機能性分子認識材料の創製と環境汚染物質分離・分析法への展開
2003-2005
ボロン酸を用いた糖検出チップの高速応答化とマルチカラーセンサーアレイへの展開